牧師雑感

聖書のことばを中心に毎日の出来事を書いています。

癒やされた

2017-07-17 18:51:01 | Weblog
ペテロの第一の手紙2:2―24 キリストは罪を犯したことがなく、その口に何の偽りも見いだされませんでした。ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、おどすことをせず、正しくさばかれる方にお任せになりました。
そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。
偉大な生涯を生き抜き、33歳の若いいのちを十字架に捨て、全人類の救いを実現されました。
自分から十字架の上で、私の罪をその身に負われました。16歳の時、そのことを初めて知りました。愛は自発的、頼まれてしたことでもなく、アガペの愛、無条件に愛。そのしるしは十字架にあります。
罪のない神の子として処女降誕され、罪のないその生涯を自らささげました。その結果、すべての罪を背負い、同時にそのことをアーメンと信じるとき、義のために生きる人生が与えられます。信仰の義人は生きるのです。雪よりも白く洗われたきよらかな人生が、現実となります。
同時に、キリストの打ち傷のゆえに、精神と肉体の病もいやされたのです。現代社会は、様々な精神疾患があり、肉体の病も数限りなくあり、病院に行けば病名が宣告され、食事もいらないくらいの薬が出されます。病人の仕事は薬をもらう事と飲むことです。
待ち時間は長く、診察はちょっとの時間です。
イエス・キリストは、信じる者のしるしとして、病人の手を置けば癒されると約束しました。
手当ということば通り、病むときに手を当てて、イエス・キリストの打たれた傷で癒されたと宣言します。
病む人は癒され、気持ちが病に勝ち、元気になります。
すばらしいいやしが、精神的にも肉体的にも与えられ、もう病気ではない。病はあっても気は病まない、健やかな気持ちでハレルヤです。
神のなさることはみなその時にかなって美しい。ありがとうございます。今日もまた天国の一日です。感謝してます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心を一つに | トップ | 優しさと愛 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL