MCS筋肉相談室

筋肉にこだわるスポーツトレーナーが綴ってます

心肺機能

2016-12-28 11:07:55 | Weblog
心臓と肺臓の機能
心臓という筋肉が
伸縮を繰り返すたびに血液が送り出される
肺臓に入った酸素が元気を与えて全身を巡る
その途中で酸素は消費されていき
炭酸ガスが生成される
このガス交換が血液の大きな仕事の一つ
この酸素を筋肉などに供給する際の
肺による酸素摂取能力
心臓による酸素供給の能力
末梢で生成された炭酸ガスを出す能力
などを合わせて心肺機能と呼んでいる
肺の機能が高まれば最大酸素摂取量が増す
心筋が強くなれば
一時に送り出される血液量(1回または分拍出量)が増す
安静時/運動時の分心拍数が減少する
心肺機能が全身的持久力(スタミナ)の土台
この上に走力などが加わって強い選手が育つ




【MCS筋肉相談室 業務内容】
○筋肉調整(マッサージ等) = 訪問によるスポーツマッサージです
○トレーニング年間管理   = 年間のトレーニングお任せください
○プログラム作成・指導   = トレーニングメニューを作成指導します
○デイトレーナー      = 大会や合宿に帯同しコンディショニングします
○パートレーナー      = 年間主要大会に合わせてコンディショニングします
○講義・講演 ・講習会等  = 頑張って話します
○プチメンテナンス     = ピンポイントでご相談に対応します
○運動ミーティング    = 口頭で済む程度の相談承ります
★お問い合わせ/ご予約は  ~ mcs@nzm.jrnet.ne.jp
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロングディスタンスランナー | トップ | 走力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事