福島県~日本共産党~大竹幸一のブログ 

39才から63才まで6期勤めた町議を2015年4月に引退。町政・原発ゼロ・短歌などの活動を報告します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

娘を救いに仙台へ  2011.3.12(土)晴

2011-03-12 09:04:09 | Weblog

 娘が仙台におり、近くの小学校に避難しています。火災が起きると困るので今から(朝9時)救出にいってきます。福島までは土湯まわりで行けるという情報ですが、そこから先はわかりません。

 今、午後10時30分ですが仙台から娘を連れて帰ってきました。朝、パソコンを閉じた後パンやお茶などを持って、9時30分に出発してから往復約500キロを13時間かけ妻と2人で行ってきました。福島市までは3時間で行きましたが、福島市の国道4号線に入ってからは予想通り渋滞し、そこから4時間かかって仙台につきました。避難している八本木小学校に行ったら、自宅ではないかというのでアパートに行ったら荷物の整理をしている娘と会いました。

 いっしょに行った妻が車の中で、昨夜から連絡がとれない家族に電話やメールを送り、みんなが無事であることも確認でき安心することが出来ました。電気がストップなのでコンビニはすべて閉店のため、持って行ったパンなどで食事をとることができ正解でした。

写真は娘のアパートの前方の様子で、太平洋側の石油コンビナートから火災が発生し黒煙があがり、ヘリコプターが救助に向かっています。また、目の前の民家のカワラ屋根が壊れている様子が撮影できました。仙台市内は電気・ガス・水がストップし、道路の信号もなく、人気のない、暗い町となっていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 議会日程  2011.3.11(金)晴 | トップ | 緊急時は消防団へ 2011.3.13... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL