質オザサ店主ブログ

不思議だなと思う心
間違い探しが苦にならない
これがものの鑑定に役立ちます

押し買いの新しい手口

2017-05-11 | シチの目


真珠の指輪の枠裏側にAYRの刻印入ってます。
Pt 900 や850といったプラチナ刻印ではありません。
AYRというアクセサリーブランドあるようです。

まぁどっちにしろプラチナ枠ではないので真珠も本物ではないし、脇にセットされたメレダイヤもガラスです。

これよりももっとひどいコピー品の真珠指輪を鑑定お願いと、警察の刑事課防犯係の方が来店されました。
さすがに写真撮らせてとは言えませんで、うちにあるコピー品を撮影。



経緯はというと、
「鑑定してもらいたいのはこれです」
刑事さんがおもむろにブリーフケースから、ジップ付ビニール袋に納まった真珠の指輪を出されました。

手にしたとたん、軽っ!
ここですでに本物感ない。
シルバー色の枠は真鍮どころかもっとちゃっちい、幼女がおもちゃで持ってるような指輪枠。
真珠は15mm珠よりも大きそうでルーペで見ると剥げてる部分ある。


さるお家に買取しましょうという業者がやってきて、手持ちの宝石を何点か見せた中の一点だったらしい。
値段が折り合わなかったのか事情は不明ですが、業者にお引取り願った。
どの時点で気づいたのかも聞いてませんが、真珠の指輪がすりかえられた事に腰を抜かし警察に被害届をだされた。
被害者は20万円以上で買ったと話してるという。

確かに20年ほど前の購入品で15mm珠以上の真珠プラチナリングなら15万円以上したと思うと答えました。
犯人検挙は難しそうなので泣き寝入りかな。



数年前に、知人の叔母さんが亡くなり、着物の処分に困ってたところ、たまたま買い取り業者がセールス電話をかけてきた。
家に上げて着物などを見せたところ写真撮影された。
画像などデジタルデータをどこかに送信して返事待つと業者は言う。

奥さん、結果が出るまでの間に、あなたの指にはめている指輪を鑑定しましょうと言われる。
他のも見てあげましょうといわれ数点見せる。

だんだん態度が厳しく剣呑なものになってくる。
やむを得ずひとつの指輪、わずか1万円ほどでひどい値段だと思ったけれど、早く帰ってほしかったので買取してもらったそうだ。

こうしたものを押し売りといわず、押し買いと言います。

昼間一人で居る家に、突然押し入ってくる買取業者にはくれぐれもご用心。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木の国の飛鳥仏と円空仏 | トップ | 雨雲レーダーに突如出現した... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なっとう)
2017-05-12 21:00:11
ulalaさん1こんばんわ!私も押し害に遭いました!!!両親が亡くなって家を壊す時に掛け軸や花瓶など高く買買う!と言う広告見て電話掛けたら直ぐに我が家にやって来て一番古ぼけた掛け軸と古い着物は無いか?とかいろんな物を物色してたったの5000円!そこへ主人が来てそんな安いんやったら帰ってもらえ!って言いましたがすでに車に運んだ物は降ろす気配も無く結局持って行かれました(::)「こんなん売るほうも金かかるんやで」って!!!信用して家に上げたのが間違いでした!まさしく押し害です(::)
私も被害にあいました。 (ミミー)
2017-05-12 21:43:21
なぜそこに電話かけて鑑定頼んだか覚えていないのですが、7~8年位前、家にあるブランドバッグや洋服毛皮など査定するというので来てもらったら、おざささんの書いてらっしゃる通り、貴金属目当ての押し買いでした。私がいっぱい出しておいてたバッグや毛皮や洋服には見向きもせず、貴金属がないかと聞き、何か買わなければ帰れないと、泣き落とし。私も初めてだったので、金やプラチナのブローチの台や鎖をたった2千円で買われて…2,3万円の値打ちはあったと思いますが、やっと帰ってもらいました。今ならすぐ警察に電話するのですが。今だにその業者間のつながりからか、あちことから電話がかかってきて迷惑しています。

昔おざささんにお世話になる前、初めてネットで楽天オークションに参加した嬉しさで、悪徳業者にいっぱい騙されて、ここに記載の真珠みたいな偽物や粗製品の宝石や、使い古しで状態の悪いバッグや財布をいくつもつかまされました。初めて宝石をいくつも買って喜んだのですが、鑑定してもらったらすべて✖でした( ;∀;)。
そんな中、オークションでおざささんに出会って、いいお品をたくさん購入できたことは幸運でした。申し訳ないくらい誠意を持って長期間でも面倒見てくださって、どれだけお世話になったか、お礼の申し上げようもないくらい感謝しています。
なっとうさんへ (ulala)
2017-05-14 13:14:12
ご経験おありでしたか。
亡くなられたとき、引越しのときに不用品出やすいですし、バタバタしてて疲れてて判断鈍ってるのもっけの幸いで買い叩かれるのですよね。
心身ともに強靭でないとやってけない商売かもしれませんね。
ミミーさんへ (ulala)
2017-05-14 13:28:08
質流れ品買取品に加え委託品を販売するにあたり、思ったことは三方よし。
売ってくれてありがとう、買ってくれてありがとう、商品提供してくれてありがとう、三者がお互いに感謝して手を合わせたい気持ちを大事にしよう。そしてその物自体がまた日の目を見れて使ってもらえ天寿全うできると喜んでるに違いないと思いました。
で、三者のちからがばらんすとれるよう、デルタフォースという店名にしました。
ミミーさんに喜んでもらえお店冥利に尽きます。

コメントを投稿

シチの目」カテゴリの最新記事