質オザサ店主ブログ

不思議だなと思う心
間違い探しが苦にならない
これがものの鑑定に役立ちます

水無月の美しい紫色の花々

2017-06-17 | 四季折々・色とりどり







今んとこ空梅雨ですが、
昨夜のニュースでは宇都宮で雹降ったとか、
八王子では




木曜にアップした紫色の花の名はルリマツリと教えていただきました。

 

あの時は「紫色の花」で画像検索してわからず、青い花ならヒットしてたのに。
「紫色の花 つる」でも出てきましたが、「つる」が思い浮かばず、「ぶら下がる」なんて第2ワード入れてました( ; ; )




他にも紫色の花で知り得た花の名を記録残しておきます。
 ツルハナナス(蔓花茄子)
紫花と白花があるが、通常見かけるのは開花後紫色から次第に淡くなる(白くなる)
白花だけのは最初から白色で変化せず「ヤマホロシ」という名で流通しているが、別種であり区別すべきである



 ムラサキクンシランアガパンサス
この花は、30年以上前に園芸店で鉢植えを購入し玄関ポーチに置いてたのに、あっという間に盗られました。
それ以来、毎年どこかでこの花を見るたびに、当時奮発して購入したという思いと一緒に思い出してます。

このたび検索して、やっと花の名を知りました。
アガパンサス(ムラサキクンシラン、アフリカンリリー)

アガパンサスの由来はギリシャ語
「agape(アガペ)」が"愛"
「anthos(アントス)」が"花"
花言葉は「誠実な愛」

君子蘭はヒガンバナ科であるのに対し、紫君子蘭はユリ科。
だからヒガンバナみたいな紫色の花なんですけど、アフリカンリリーという名でもあるのですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイナンバー、LINEと連携 | トップ | 大賀ハスひとつ咲いてた@野洲... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む