質オザサ店主ブログ

不思議だなと思う心
間違い探しが苦にならない
これがものの鑑定に役立ちます

関市円空館★長良川河畔で入定した円空さん

2017-07-12 | 旅・関東&中部&北陸地方




自刻像ともいわれている「善財童子像」

江戸時代前期岐阜県で生まれた僧・円空(1632-1695年)さんの終焉の地が関市池尻です。
関市域には、神社・寺・個人など所蔵の円空仏が約290体ありますが、円空館の展示数は約30体。





弥勒寺の駐車場に車を止めて、国指定史跡・弥勒寺官衙遺跡群を歩いていきます。






やっと着いた!
距離はわずか350mと書いてありましたけど、このときは他に人がいなかったので、整備された道といえどもちょっと不安でした。



帰りに橋の袂に円空入定塚を車窓から




初期の丁寧な作風は、経験によって技もますます磨きがかかっていきました。そんな円空仏に転機が訪れたのは、・・・
絵の簡略化は彫刻にも影響を与え、円空仏はますます個性的になりました。同時に簡略化によって仏像製作のペースも早まり、彼の12万体作成を可能にしたのではないかと思われます。
詳しくは→円空微笑み物語
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明治は崇徳天皇の御霊を京都... | トップ | 関市洞戸円空記念館★神々の里... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅・関東&中部&北陸地方」カテゴリの最新記事