質オザサ店主ブログ

不思議だなと思う心
間違い探しが苦にならない
これがものの鑑定に役立ちます

ジャコウネコ コーヒー

2016-10-14 | 日々是好日


ベトナムのお土産にコーヒーとそれを抽出するためのアルミ入れ物もらった。



バニラの香りがしてとても甘いコーヒーで、さらさらアメリカンでなくてねっとりした食感。
煎茶や玉露の上等を飲んだ感じで、苦さはなくて味に深みがある。

不思議に思ったので、パッケージのTIEN SON COFFEE で検索してみた。

専用のアルミ製の小さな穴の開いた容器で抽出するも、なかなか抽出できず時間がかかるし、カップの底にカスがたまってる。

YouTubeにベトナムコーヒーの入れ方もあった。
カップにコーヒー豆を入れて、上から中蓋で押してその上からお湯を垂らしていくみたいです。

そして、ジャコウネココーヒーとは



なんと、猫の糞からできたコーヒーだった!
ベトナムやバリなどで栽培されている幻のコーヒーと言われ非常に高価らしい。
インドネシアでは、コピ・ルアック(ルアックコーヒー)というようです。

その作り方は
ジャコウネコにコーヒー豆を食べさせる。
この猫はグルメで、コーヒーの実を食べるときは甘くて熟したコーヒーの実だけを選んで食べる。
コーヒーの実の外皮だけが消化され、消化されずにフンとしてでてきたコーヒー豆から作られる。
動物の消化酵素が作用して、自然発酵され、コーヒーの味や香りが変化する。
機械などを一切使わないコーヒー豆ゆえ、高値で入手困難。
そのため人為的に豆を発酵させたものが販売されていることが多いらしい。

リッツカールトン東京では、ジャコウネココーヒーは一杯¥5,500!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風に吹かれて | トップ | クリストファーエルボーのチ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (TM)
2016-10-15 11:03:19
これは特別のコーヒーですよね?
私もお土産でいただいたことがあります。
でも普段簡単なパック入りコーヒーを飲んでいる身には、高級なコーヒーは手間ひまがかかって大変でしたわ。
こういう嗜好品はとくに、舌が肥えていないと本当の価値はわかりません。私にはネコに小判でした。
TMさんへ (ulala)
2016-10-15 15:07:28
味も普通のコーヒーと違ってましたが、パッケージの狸のような動物が何でかな、と。
世界にはいろんな食べ物、飲み物ありますね。
ただ単にうまいか、まずいか、ウンチク加わるとさらに味わい深くなるとこありますでしょう。
確かに入れるのめんどくさいし、これに5000円はよう出さんわ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む