パニック障害抑うつ心の旅独り言日記+愛犬ウィル

子らの為、負の連鎖を断ち切り、心がへし折れても、自分自分と戦いながら、社会復帰へ挑戦し続けます。

おれにとっての音楽とは。

2010-07-10 19:01:39 | 俺に元気と勇気をもらっている歌い手さん


音楽って、俺にとっては、
前に書いた、
歌い手さん。→『俺とは』(その7) 俺は『引きこもり中年キモオタおやじ』で書いた、歌い手さんの歌を、子供が聴いていて、
床にあった俺が、聴き、『生きていいかも』と思えるような力をもらいました。

確かに、その背景には、妻や子供の支えがあったからなのは、
言うまでもありません。
そんな俺に、
『生きていいかも』と思える力をもらえた、歌い手さんへの感謝とともに、
俺が出来る恩返しだという気持ちで、
歌い手さんを紹介させてもらってます。

俺にとって、音楽は、喜びを伝え合うもの。
文字は、気持ちを交換しあうもの。
言葉は、少しだけ普通に理解するのは、難しいけど、
師匠と話し楽しむこと。こんな風に、考えてます。

音楽・言葉・文字は、俺は、こんな風に考え、実践しています。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月9日(金)のつぶやき | トップ | 今日は、臨床心理士の日(妻... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。