平成の虚無僧一路の日記

平成の世を虚無僧で生きる一路の日記


芥川龍之介 「蜘蛛の糸」

2016-09-18 03:07:08 | 虚無僧日記

{1F97D95E-4DDA-47C9-A2F3-0565517A2698}

火付け、押し込み 数限りなく、あまたの人を殺めたり。

そのカンダタも 一匹の蛛の命を助けたことがあった。

そのことをご存知のお釈迦さま、一本の糸を スルスルと。

「あぁ ありがたや、ありがたや。これで 地獄からも抜け出せる」

上へ上へと登りつつ、下をみれば、多くの罪人たちが 「われもわれも」と

登りくる。

「糸は おれのもの!。下りろ。下りろ!」

その途端。糸は ぷつりと。

 

ご存知、芥川の『蜘蛛の糸』

これを わが講演の ひとコマにせん。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅ゆけばぁ~ | トップ | 田宮虎彦 『足摺岬』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

虚無僧日記」カテゴリの最新記事