平成の虚無僧一路の日記

平成の世を虚無僧で生きる一路の日記


4/2 名古屋城で虚無僧

2017-04-04 21:36:10 | 虚無僧日記

春は名のみの春なれや 今年は4月になっても肌寒い。

桜の開花も例年より一週間ほど遅れ、ようやくチラホラ。

名古屋城に虚無僧のおでまし。「名古屋おもてなし隊」じゃ。

「おもてなし(表無し)」で 裏口からフリーパスで入れる。

久しぶりにカメラの放列を浴びる。といっても写してくれるのは

外国人観光客ばかり。日本人の多くは 虚無僧なんか無視。

それでも三組の若いカップルが布施してくださった。

そこへ、ステキな若い女性が近づいてきて「先生!」と。

はてドギマギドギマギ。今日名古屋城に出ていると聞いて

わざわざ訪ねてきてくれたとのこと。握手を求められて

しっかり握って差し上げる。実は私、気功ができる。

手をかざすと、ファーと熱くなり、またビリビリ感じる。

心地よく、いろいろ躰の痛みや、心の病が解消するようだ。

以前にもしてさしあげた方。「今日は特に感じる」とのこと。

衆目の前で、若い女性の手を握って 私も幸せな気分に。

続いて、着物姿の女性三人が、こちらをじっと見ている。

なんと一人の女性は尺八を胸に抱いている。びっくり。

手招きして、いろいろ聞いてみると、尺八を習っている

とのこと。着物を着て、尺八を手に写真を撮りにきた由。

今はホントに女性の時代となった。

こんな出会いがあるから 毎日が楽しい。

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 法燈国師覚心と、曹洞宗、律... | トップ | 「座頭市の歌が聞こえる」に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

虚無僧日記」カテゴリの最新記事