平成の虚無僧一路の日記

平成の世を虚無僧で生きる一路の日記


『八重の桜』 第3回 よがったなし。

2013-01-24 20:09:24 | 「八重の桜」
「山本八重子が会津戦争でスペンサー銃を」という記録は
あるが、たしかに、いきなり鉄砲を撃てといっても、撃てる
わけがない。ヤーゲル、ゲベール、スペンサーと、銃の仕組も
操作も玉も違う。鉄砲玉や火薬の製造も知らなければ、銃は
撃てない時代だ。八重が いつそれらを学び、鉄砲の練習を
積んだのか、『八重の桜』では、そのへんのことを丁寧に
描いている。

でもでもでも、安政元年(1854)、山本覚馬は26歳、八重は
17歳も年下で、まだ13歳。ちょっと早すぎないか?
川崎正之助は18歳。二人が結婚するのは、11年後の
慶応元年(1865)。戊辰戦争の3年前。この年「会津藩士」
として取り立てられ、「正之助」を「尚之助」と改名した。


藩主「松平容保」役の「綾野剛」。「徳川慶喜」役の「小泉
孝太郎」。二人共実物にソックリ。目が似ている。

「山本覚馬」役の「西島秀俊」、筋骨隆々、逆三角形の
みごとな体でほれぼれした。法蔵流の槍の試合も迫力あった。

以前、『宮本武蔵』で、武蔵と宝蔵院との試合のシーンが
あったが、全然気迫が違う。今回、「八重の桜」にかける
製作陣と役者ともどもに、並々ならぬ気合が伝わる。


ところで、会津藩士は、羽織の紐で職格がわかるように
なっていた。

最高位は「納戸紐(グレーがかった藍色)」で、家老、若年寄・
奉行、番頭・物頭などが該当する。「西田敏行」演ずる「西郷頼母」は
この「納戸紐」。これを紐制・襟制という。

以下「黒紐」「紺紐」「花色紐」「茶紐」「萌黄紐」「浅葱紐」と
なる。「山本覚馬」は「武芸指南役」だったとすると「花色」。
あの「水色」の羽織紐はおかしくないかい?

知行取りの「士分」といわれるのは「花色紐」以上で、藩主に
単独で謁見できるのは「茶紐」以上である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 『八重の桜』の「西郷頼母」役に... | トップ | 『八重の桜』・「佐久間象山」 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (とおりすがり)
2013-02-26 10:03:49
あの薄藍色が花色ですよ。
はなだいろ、のほうがわかりやすいかも

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。