平成の虚無僧一路の日記

平成の世を虚無僧で生きる一路の日記


「薦僧」と「暮露」と「虚無僧」

2016-10-12 21:34:43 | 今後の予定

江戸時代初期まで「虚無僧」ではなく「薦僧」だった。
「薦僧」とは「薦筵(こもむしろ)」を背負って、諸国を
旅し、薦を敷いて山野に野宿する者という意味。

鎌倉から室町にかけて「暮露(ぼろ)」と呼ばれる職業が
あった。「ボロボロ」のボロ布をまとっているから「ぼろ」
と云われてきた。

「薦(こも)」も「薦筵(こもむしろ)」を背負っているの
だから、両者は同じ「乞食」のようなものと、今まで
考えていたが・・・・・。

「暮露(ぼろ)」は、尺八を吹かない。その代わり大きな
傘と扇子を持っている。衣装は「清楚な白の紙子に黒の袴」
であって、決してボロをまとった乞食ではない。
また「慕論字(ぼろんじ)」「梵字(ボンジ)」などとも
呼ばれていたことから、「ぼろ」では説明ができない。

どうやら「一字金輪の呪」「のうまく、さんまんだ、
ぼたなんボロン」を唱えて、布施をいただく仏道修行者で、
「ボロンボロン」と唱えるから「ボロ」と呼ばれたのでは?
と考えられるようになってきた。

これは「高野聖」や「放下(ほうげ)僧」と同じだ。
「放下僧」は「ササラ」を振りながら、「暮露」は
傘の長い柄を扇子で叩きながら、念仏や真言の呪を
節をつけて唱歌したのだ。

「薦僧(こもそう)」は尺八を吹くから、念仏は唱え
られない。念仏を唱える代わりに尺八の音で、
人々の心を慰める存在となったのであろう。

「薦僧」は、発生的には、「時衆(宗)」の歌舞音曲
から独立したのではないかと、私は考えている。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「愛の賛歌」は結婚式で歌っ... | トップ | 過労死事件にコメントしてブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。