平成の虚無僧一路の日記

平成の世を虚無僧で生きる一路の日記


めいあん、みょうあん

2017-03-21 20:46:28 | 虚無僧日記

「めいあん?」 「ん?名案?」

「目に はいらん?」 「みょうあん?」 

「ん?妙案?、見よや?」

数人の中学生が、おしゃべりしながら私の前を通り過ぎると、

そのうちの一人が私に気づき、偈箱に書かれた「明暗」の

文字を見て、「めいあん?、みょうあん?」とかつぶやいた。

中学生の男子が「みょうあん」と読んだのには感心した。

普化の偈の「明頭来(みょうとうらい)」からきているから

「みょうあん」が正しいのだろうが、そんなことを知っている

はずもないと思う。

「どうして『みょうあん』って読めたの?」と 質問したら、

顔を赤らめて行ってしまった。男の子はシャイだ。

 

ところで、以前、「明暗」を 「あけくれ」と読んだ子がいた。

中学生ぐらいの男子。「明暗も読めないのか」とがっくりきた私でしたが、

今日ネットで「京都の明暗寺」を検索していた驚いた。

京都明暗寺の最後の看首「自笑昨非」は、明治になって普化宗が

廃止されると、「明暗昨非」と名乗っていた。戸籍に姓名を登録するにあたり、

姓を「明暗」にしたのだ。

そしてその読み方が、なんと 「あけくれ」だったそうな。

あの中学生は「明暗=あけくれ」という姓の人を知っていたの

だろうか。まさか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明と暗の間 「中庸」とは仏... | トップ | 山伏や虚無僧は、民衆からど... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。