平成の虚無僧一路の日記

平成の世を虚無僧で生きる一路の日記


寺田寅彦の尺八研究

2016-10-17 13:50:09 | 尺八・一節切

「寺田 寅彦」は 1878年(明治11)生。1935年(昭和10)歿。

「随筆家」として知られていますが、専門は物理学。
その「理学博士号」を取得した学位論文が、なんと
「尺八の音響学的研究」です。ネットでも見れました。
しかし全文英文で、難しい計算式ばかり。私など
チンプンカンプン。それが 1908年(明治41年)の
ことというから驚きます。

そして、昭和3年に「大阪朝日新聞」に寄稿した一文、
日本楽器の名称』も驚きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
●【三味線】 三弦、三線(さんしん)、三皮前(じゃみせん)、
三びせんなどいろいろの名がある。琉球から伝わった「蛇皮線
(じゃびせん)」を日本人の手で作りかえたものらしい。
シナの楽器の「阮咸(げんかん)」と三味線とが同一だとか。
この「阮咸」をシナ音で読むと「ジャンシェン」となるのである。

また元(げん)の時代、三絃のことを「コフジ、コフシ、クヮフシ、
コハシ」など称していた。それに類似の名は、ヨーロッパ、アジア、
アフリカ、南洋のところどころに散在している。たとえば、
トルコの「コプズ」、ルーマニアの「コブサ、コブズ」。
ロシヤ、ハンガリーの「コボズ」などがある。シベリアの
一地方では「コムス」という。(以下、次々と列挙)

●【尺八】 シナの「洞簫(どうしょう)、一節切(ひとよぎり)、尺八」、
この三つが関係のあるらしい。『源氏物語』や『続世継』などに
「尺八」の名があり、さらに「聖徳太子が尺八を吹かれた」という
話がある。「長さが一尺八寸あるいは八分だから尺八」というのは
いかにももっともらしいが、これには充分疑う余地がある。

「唐書」に「尺八を十二本作ったが長さがいろいろある」と
書いてある。正倉院の尺八は「一尺一寸」以下八種ある。

オランダ領インドの島に「シグムバワ」という笛があり、
サモアに「シヴァオフェ」という竹笛がある。ペルシアの
笛に「シャク」というのがある。またトロンボーンの類で
「シャグバット(英)」「サクビュト(仏)」「サカブケ(西)」
なども事によると何か縁があるかもしれない。

「ヒトヨギリ」は「一節切」に相違ないだろうが、これが
「ヒチリキ」の子音転換とも見られるのがおもしろい。

ポーランドには「ピスチャルカ」と称する六孔の縦笛があるが、
名前とともに「ヒチリキ」に類するのが不思議である。

ソロモン群島のある島に存する竹製の縦笛に「ププホル」と
称するのがある。このププホルと『徒然草』の「ボロボロ」とを
並べて考えてみるとだれでもちょっと微笑を禁じ難いであろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ととと・・と。 今日でも知られざる情報が満載。すでに、昭和3年に
「『1尺8寸の長さから尺八』というのは疑わしい」と疑問を
呈しているのだ。今日の「日本音楽学界」は、寺田寅彦から
後退していると言わざるを得ないのです。

ジャンル:
作家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大橋鯛山氏のブログに、私の... | トップ | 1尺8寸だから「尺八」は常... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。