平成の虚無僧一路の日記

平成の世を虚無僧で生きる一路の日記


広告代理店の虚偽請求は当たり前だった!?

2016-10-12 21:56:37 | テレビ・映画・芸能人

大手広告代理店「電通」がトヨタなど100社以上のクライアントと

過剰請求で揉めていたことが明るみに出た。総額で2億3千万円以上の

過剰請求をしており、さらに架空請求まで 行なっていた。

悪質な問題にもかかわらず会見には社長は出席せず、電通は文書で

「複数の不適切業務が行われていた」と公表し、会見でこの点を追及されると、

「不適切という表現をしていますが、不正と読み替えていただいても結構です」

などとふてぶてしく応答したそうな。

私も保険会社の広報部に勤務していたので、事情はよく分かる。

広告代理店は、各社、各営業担当がテレビCMの枠を埋めるために血眼になって

各企業にお願いして回る。「〇〇という番組のテレビCM、30秒空いているので

定価1000万ですが、500万でどうですか」と。日時が明日に迫ってくると

「100万でいいですから、お願いします」と泣きついてくる。

30秒、絶対に空けるわけにいかない。それを見越して、クライアントもギ

リギリまで引っ張って、OKを出す。駆け引きだ。定価で買う(広告を出す)人はいない。

ところで、一つの枠について、何社もの広告代理店、何人かの営業マンが

各企業にお願いして回るので、同時に何社からも契約を取り付けてしまうことになる。

枠は一つだから、数社と契約成立させておいて、放映するのは一社だけとなる。

千代田生命のような ちっぽけな会社は、たまにしかCMを打てないから、はたして

ちゃんと放映されたかどうか、タイマーでビデオを撮って確認する。放映されると

大喜びだ。

だが、トヨタなど大手企業となると、一日に何回も、しかも各チャンネルで

全国ネットで放映されるから、とても全部は確認できない。それで不正が起きる。

代理店は、放映されずとも知らんふりしてきた。値段をダンピングした分

同時多数契約で穴埋めする。そんなことは当然とばかりに、業界の常識だったのだ。

ついでに、今回のオリンピックにまつわる電通の契約は天井知らず。なんで

あんなにかかるのか理解不能。とにかくアバウト。「獲れるとこからは盗る」が

広告代理店というもの。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過労死事件にコメントしてブ... | トップ | 大橋鯛山氏のブログに、私の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。