平成の虚無僧一路の日記

平成の世を虚無僧で生きる一路の日記


虚無僧三日目 触るといいことある?

2017-01-03 22:35:23 | 虚無僧日記

今日は岡崎へ。東岡崎駅からテクテク北に向かう。人通りはほとんどない。

すると、露地から出てきたお二人の 高齢のご婦人が、私の姿を見て

「おや めずらしい 虚無僧さんだよ」「これは 縁起がいいね」と。

そしてバッグから財布を取り出して ご喜捨。さらに「触らせて

もらうと、何かいいことが・・」と、尺八や袈裟に手を触れて

さすってくれた。そういえば、お地蔵さまなどで、躰の悪いところを

さすると治るなどという迷信がありましたな。

しばらく行くと墓石屋さんの前に金の宝篋印塔が。そしてその下に

「さわってもいいよ」と。この影響かと納得。

そう、虚無僧に賽銭入れたら宝くじが当たったというような噂を

流してくれるといいな。

 

自動代替テキストはありません。

そこで、以前聞いた浄土真宗のお寺での法話を思い出した。

「あなた方、神社にお参りして、お賽銭入れて、何をお願いするん

ですか? 宝くじがあたりますように? 受験 合格しますように?

ですか? 願掛けの絵馬を見ると、東大医学部に合格しますように、

とか京都大学にとか、超一流の大学を目指そうという人が

神頼み? でも、本当に 神様にお祈りしたら、宝くじが当たる

なんて信じていますか? 東大に合格できるなんて信じています?

それなのに、なんでお賽銭入れるんでしょう」と。

なかなかシリアスな問いかけだった。

神様を否定して、仏にすがった方がいいという話しだったのか、

結局は自力、自分の心構え次第という結論だったのか、

よくわからなかったが、宝くじが当たるとは信じてなくても

お賽銭を入れるという心理は何なのか考えさせられた。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虚無僧2日目 | トップ | 「辛い」という字と「幸せ」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

虚無僧日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。