枇杷の葉なし

枇杷の生育や、葉・花芽・種のことを日々の生活のなかで書いていく。

白い花も多々あり。

2016年09月15日 | Weblog

 韮の花が満開です。すっくりと伸びた緑の茎の先に、線香花火のような白い花が咲く、韮の素朴さに佇む。強烈な臭いで、余り好みではないが、花は別なこと。ひっそりと咲いているのが、何とも去り難い。韮を必要とするのは餃子だが、花にまで興味はないか。

 世間一般的な話題には、そういった季節感はないものだろう。俳句をするくらいの方なら、多少は関心もあろうが。この時期は、彼岸花が咲き出す。桜も、今や珍しくも無い。早咲き出している。彼岸桜どころか、葉月桜である。地球の環境異常で、季節は速まる。

 勤務先でしか観ないテレビだが、何と言う下らない、番組ばかりなんだ。唯、単に着飾ったタレントが出て、食い物を口にしている場面ばかり。それがどうした?教養も知識もなく、莫迦丸出しの番組に出るタレントにも呆れる。その外は、不倫ニュースに喧しいだけ。

 最近のNHKも、大した内容が無い。民放との差は、CMの違い位で、飽きてしまう内容だ。自民党に都合の良い番組の兆し。そこにいくと、同じパターンだが、水戸黄門は弱い者が勝つ。印籠の効き目は凄い。配役が変わっても、諸国漫遊が同じでも面白いのよ。

 肩の痛みが退かないので、枇杷葉の生葉を入れていく。熱感があると、絶対に落ちない。足の裏にも敷く。帰宅して見たら、乾燥してパリパリ。これをして行くと、足の疲れが出ないのも不思議だ。高校生の時にバス事故で、左足の太腿を強打しており麻痺が残。

 勤務中に、足を引きずったりはしないが、無意識にぴょこぴょこ歩いていることがある。或いは傾いて歩いていたりする。背筋を伸ばして真っ直ぐ、と意識していれば出ないが、無理を重ねるとどうしても、難聴やリンパ腺への影響にも繋がってしまう。身体は正直。

 枇杷葉茶を飲み、枇杷湯に浸かり、花芽を愛でているのがいいようだ。暮らしの基本は旧暦で行うので、季節感は変わらないが、他人とのずれが、約1ヶ月の開きがある。暦の行事予定も合せるので、今のところは無事平穏である。月の満ち欠けが身体に合う。

 昨年の葉月の月。今夜は十五夜だそうだが、薄は硬く咲かない。風情にも欠け、かぐや姫も戸惑う。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月を愛でる・・・ | トップ | 磁気荒らしか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事