枇杷の葉なし

枇杷の生育や、葉・花芽・種のことを日々の生活のなかで書いていく。

枇杷収穫

2017年06月14日 | Weblog

 今朝、3袋ばかりを取ってみた。甘さが少し足りない物の、瑞々しい枇杷で、種も艶やかだ。旧暦での入梅なので、天気が気になるが、リエさん達に送るのは、もう少し後がいいようだ。それにしても、枝が地面すれすれに撓っている。

 弁当をこさえ、珈琲を挽いて淹れたのをバッグに詰め、点検の済んだ愛車で、駅まで行きJRに乗って市内まで。そこから、研修場所までタクシーを飛ばす。余裕で間に合ったが、既に到着の人も見られる。やっと鍵が開き中に入る。

 そこから建物の端まで歩き、講習室までたどり着く。定員50人に対して38人の参加である。馴染みの顔もあれば、初対面の方も多い。職種は看護師さんが大半らしい。加えて、結構役職の方もおいでのようだった。有意義な内容。

 珈琲を持参しているので、飲み物の心配はないが、この時期、自動販売機は冷たい物ばかりで、お腹を壊しそう。然し、冷房が利いているのには困った。そうもあろうかと、寒さ避けの恰好で行っていたので事無きを得る。風邪を引く。

 講義が終了したのは、PM4:30分。講習証明と無料券を出す。朝、ご一緒した方と駅までタクシーに乗る約束で、携帯で連絡すると、待つほども無くやって来た。駅に着けば、電車も10分程の待ち合わせで、時間のロスもなく帰宅した。

 駅で、時間があれば本屋に寄る心算であったが、計算したようなタイミングの良さである。朝が早かったので、やれやれと落ち着く。鉢が天気でカラカラ、水遣りをする。枇杷葉の熟れ具合を見れば、白枇杷は青い。やっぱり20日過ぎ。

 リエさんの枇杷は、綺麗に熟れていて、明日の収穫にしよう。シーちゃんのはどうかな?サンタ枇杷葉も、明日に回すこととする。珈琲を淹れてブログの更新にかかる。隣の子が泣いている。ブルーベリーが少し熟れてきた。無農薬です。

 冬の星座は、何と言っても昴。でもオリオンも捨て難い。ここには素晴しい星雲がある。馬の首の星雲も観える。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自主的研修参加 | トップ | 冬眠・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事