枇杷の葉なし

枇杷の生育や、葉・花芽・種のことを日々の生活のなかで書いていく。

心得違い・・・

2017年07月21日 | Weblog

 差別をしていないが、区別はすることはある。その人の認識にも依るが、妊娠したら何もしないで居ても、給料はもらえるという考えには、賛成できない。悪阻の症状や、体力的なことの差にも違いはあるが、病人ではないですよ。

 それをあからさまに、妊娠したから宜しく。と言われて、仕事への加減ができようか?本当に子どを望むなら、相当の覚悟が必要な気がします。それが親になることでもある。安易な気持ちだけでは、子育ては難しいような想いが。

 何も真剣に考えるばかりが良いとも、強ち言えるものでもありませんが、命はどんな小さな者にも掛替えがありません。赤ん坊は、泣くのが仕事です。育っていけば知恵もつきます。悪戯も増えます。それを大人は善し悪しを訓える。

 子育てなど、書籍に書いてあるような理想的なことには、先ずいきませんよ。何時の世にも、親の背中を見て育ちます。絵に描いたような具合にはいかない。でも、それが人間でしょう。天才と云われようが、神童とあっても努力は要。

 音楽なら音色が心に響いてくるもの。どんなに上手に弾いても、うぬぼれがあったら、伸びません。介護の仕事も、きれいな言葉や丁寧な言い方も、その場限りのことなら、相手には届きませんね。調子の良い職員は、皆知っている。

 早出勤務は、休憩が午前中にあり、昼食を始める頃に終わる。弁当も使わねばならず、介助も数人必要とする。食事が終われば口腔ケア・排泄介助。ほっとする間もなく、食器の片付けと洗い・乾燥・片付け。水分補給と息つく間も無。

 間に、排泄の間に合わない介助や、記録もある。直にお八つがあり、お湯も切らせない。その間には、入浴した方の洗濯物を干したり、取り込んだり。掃除もあるし(当番)見守りは欠かせない。これを、2人から3人で、協力して行うのだ。

 然し、中には横着を決め込むのや、持ち場を離れる者も居て、殆んどを一人で見る。よくもまあ事故も無く、無事で過ごせた。と一日の反省をする。疲労困憊となるのも、無理はないものである。帰宅すると、家事は待ってくれない。目眩。

 白枇杷が、ぎっしりと花芽をつけた。まるで森のように、うっそうと繁る。今年は、生り年だったのか?

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏休みに・・・ | トップ | 中伏・閏皐月・大潮 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事