枇杷の葉なし

枇杷の生育や、葉・花芽・種のことを日々の生活のなかで書いていく。

天気不穏・・・

2017年05月17日 | Weblog

 今朝はまた、気温の低くさに衣類に悩む。風邪を引きたくもなし、腰痛はこりごりなので、薄物を羽織る。本来は、四月朔日からは、気温の上昇で、暑くなってくるのだが、環境破壊も一役買って、自然の営みが崩れる。加えて原発の再稼動である。

 これだけ危険であることが、判っていながら、何故再稼動を急いでするのだろう。あちこちに異変が見られるのに気づきもしないで、何を帰順に安全・安心と判断する?核の保有と、人類の共存は有り得ないのを、人類の為というのに納得するの?

 被害の甚大さを想定すれば、日本の島国に、これ程多くの原発は必要ない。ましてや、広島・長崎の被爆に思い至れば、最初から設置しなかったろう。何にしても、アメリカの言い成りで、沖縄の返還にしろ、アメリカに都合良く、復帰でなく切り離す。

 何と狡賢い遣り方だろう。危険は沖縄にさせたまま、本土と認めてやるんだ、という大義名分で、実情は厄介者を追い払った感がする。基地は要らない。原発も要らないんだ。設置するなら東京にすればいい。それも首相官邸の側にしてほしいが。

 だって。危険性もなく、安心で安全な訳でしょう?だったら何故、造らないのです?敷地などどうにでもなるでしょう。現に、森友問題のことがあるんだから。問題の先送りや、誤魔化しはしても、真剣な姿勢は見られない。詐欺やペテン師の素質だ。

 枇杷葉の枝が、日に日に下がってくる。実が大きくなってきているんだが、ニュートンの法則に頷く。薔薇の花弁を齧るのは、殿様バッタだが、人間の勝手な愉しみで、奴等にとっては単なる餌に過ぎない。共存と言うからには、納得して齧られる?

 職場の洗剤にやられて、指先や手の中が痒くてならない。枇杷葉エキスを塗るが、炊事には間に合わない。手袋をすれば、蒸れて尚痒い。職場も、職員の体質までは深く考えていないから、安い方にいってしまう。自分用も持って行くが触るから。

 青空に、花芽が鈴なりに見える。半分以上は、霜にやられたり、雪に遭ったりで枯れてしまうが、裏年と隔年で。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心を亡くさないで・・・ | トップ | 腰痛予防には・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む