健康自由メモ(高齢者の健康メモ)

高齢者の健康自由日記

一心寺「第十四期骨佛南無阿弥陀佛尊」開眼に参拝

2017年06月10日 | weblog

27℃/20、℃
昨日の9日金曜に平成23年1月に逝去した実兄と両親の越後新発田の「墓じまい」を済ませ大阪天王寺区の永代供養の寺として知られる一心寺に兄家族により、永代供養されたが、今年は平成十九年~28年度末末までの納骨をもって今年5月に完成作法を終えて6月1日~30日まで南無阿弥陀佛尊の「お骨佛」を参拝できるので開眼作法作法が終わり6月1日から30日まで一心寺の本堂の仮設の厨子(ずし)で「第14期お骨佛開眼の境内出開帳で「第十四期の南無阿弥陀佛尊の「お骨佛」を参拝できるので長女と偶然にも帰省中の上の孫に同道願い参拝に出かけた。JR天王寺駅で孫と待ち合せしたがタクシーが来たのでそれに乗り一心寺には数分で着いた。

 

本堂前は参拝者で混雑はしておらずスムースに焼香参拝はできたが「墓しまい」する前までは法華宗のお題目「南無妙法蓮華経」から浄土宗の「南無阿弥陀仏」を唱えて参拝したが新潟市西蒲区岩室にある本家の寺院の浄土宗の寺と一緒になったのである。

6月中の厨子に飾られた「お骨佛開眼像」を参拝の後の7月から本堂の左隣の「お骨佛」納骨堂に安置されるが家内は蝋燭と線香を買い過去の「お骨佛」の納骨堂を参拝した。

長女は従姉妹と天王寺駅構内で12:30に待ち合わして昼食をする予定だが時間まで約1時間あり境内にある「酒除けの守(本多出雲守忠朝は、徳川家康公四天王の一人)」の墓所を参拝して長女が従姉妹と昼食の約束しているので歩いてJR天王寺駅へ向かった。

ところが後、数10mの天王寺駅目前のコンビニ前で歩けなくなり立ち止まってしまった。孫がすぐ来て額に汗が流れているのをみて、コンビニから水を買い、飲ませてもらったら数分休憩したら元へ戻り、再び待ち合わせの駅構内まで歩いた。この日の大阪の気温は28℃以上の夏日である。高齢者の熱中症は水不足が原因だと思いながらレストランに入った。姪の母親とは同年輩だが、足の膝が少し悪いが元気だそうで安堵した。1時間以上も親族を中心にあれこれ語りあって別れたが、有意義の「お骨佛開眼」詣でであった。姪と、またの、再開を約束して別れたが孫はM商事のサッカー同好会に所属しているが後輩の神大のサッカー部員の練習に参加するため東海道線JR六甲道で別れたが突然の孫の同道で無事に南無阿弥陀佛尊の「お骨佛開眼」を参拝できた一日だった。

『大阪府』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸龍谷中学・高校第15回... | トップ | 先端医療病院へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先祖の引き合わせ (dojyou38)
2017-06-11 18:09:07
久し振りに親族揃って先祖供養できて良かったですね。
このように、親族の顔合わせが出来るのは先祖のお陰ですね。
先祖供養 (Uchan)
2017-06-12 10:27:31
<dojyou38さんへ>
関西には姻戚関係が数軒ありましたが年月が経つ毎に自然に関係が途絶えてきました。
この歳になると甥や姪だけです。
しかし、新潟や首都圏に甥、姪がおりますが、既に高齢者の予備年齢となり、寂しくなって来ています。
良かったですね! (もこ)
2017-06-12 14:10:28
今日当たり、きっと何か有るのじゃないかと開けてみました、やっぱり、お出かけに成られたのですね、お元気で本当に良かった・・・
心も体もすっきりと、言った所ですね、お孫ちゃんも可愛くて立派ですね
これからは安心してゆっくりと、お過し下さい・・・
お骨佛開眼参拝 (Uchan)
2017-06-13 21:18:34
<もこサンへ>
コメント
先祖のお骨佛開眼長女や孫のお陰でどうにか、参拝できて“ホーット”しました。
やはり、歩きが遅なり秋に今一度参拝と思っていますが、一心寺には行けるか分かりません。

コメントを投稿

weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。