日本と特定アジア ~個人的な意見~

近代・現在の日本と特定亜細亜諸国に関するニュースとその個人的なコメントを述べます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

男系天皇を守れ!

2005-11-18 22:29:32 | 日本・現代
引用
===========================================================================
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051116-00000205-kyodo-pol
皇室典範改正は慎重に 女系天皇容認で保守系議員

 超党派の保守系議員でつくる「日本会議国会議員懇談会」の平沼赳夫会長(無所属)は
16日、首相官邸に安倍晋三官房長官を訪ね、女系天皇を容認する皇室典範改正案の次期
通常国会への提出を目指す政府に慎重な対応を求める決議文を手渡した。安倍氏は「預かり
ます」と応えた。
 決議文は「男系によって継承されてきた皇位の継承方法を今直ちに変更することは慎重に
検討されるべきだ。短期審議で千数百年にわたる継承方式の変更を決定することは、拙速と
言わざるを得ない」と批判、慎重な検討を求めている。
(共同通信) - 11月16日19時32分更新

===========================================================================
引用ここまで

 個人として,女系天皇反対です.長子優先なんてもっての他です!
日本の皇室制度は,125代続いておりますが,一貫して男系であります.
なぜここまで重要であるか,皆さん(有識者とされる方々)ご存知でしょうか?

 昔から現在まで世界中で戦争を行っていますが,国が変わったときには,
そのときまで代々続いた皇帝は殺害され,新しい皇帝が即位し,国を統治します.
そのため,帝王(日本で言う天皇)が代々長く継承されることはほとんど無いのです.
西欧で50代近く続いているところで最長です.

 一方日本はどうでしょうか?日本にも長い歴史がありますが,日本を支配した方々は
朝廷(天皇)から政権を取って治めてはいても,天皇となること(自分が天皇となる)
はしておりません.世界から見れば,奇跡とも言えるものです.

 約一世紀前,世界の侵略から,急いで文明開化して日本を世界列強の中に入ることが
できたのも,神々が宿る国,皇国を守らんとせんことがあったからではありませんか.

 日本国の皇室制度は大変長い歴史があり,簡単に変更してはならないのです.
皇室制度を変更する前に,憲法や教育制度,正しい税金の使い方を迅速に対応すべきだ.

 大東亜戦争に敗戦し,日本は米の加護のもと,平和に暮らしております.その中において,
日本の歴史をどこまでか知らない輩が”有識者”と名乗り,長年続く日本の伝統をブチ壊す
行為をすることは,全く持って許せません.もし制度改革を行うなら,日本国民に天皇制に
ついて正しく報道・教育し,大勢の理解の基(時間を労してでも)すべきなのです.
平沼議員の活動は応援しなくてはなりません.
国民の皆さんも,政府広報に意見を投げかけてください!


 一方,女系天皇は断固拒否ですが,女性天皇は従来から許可されている制度です.
マスコミの報道は,その変を明確に区別して報道していないようです.それを考えると
何か裏でウサンクサイ工作が潜んでいるかのようで,心配です.

2005年11月17日

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特定アジアとは相手にするな! | トップ | 南鮮の言い分は全て嘘だ! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
皇室典範に関する有識者会議第十三回 (悪の教典楽天市場店)
 本日は第十三回皇室典範に関する有識者会議。 相も変わらず「気がする」という意見が見受けられる。「男性の配偶者を迎えることと女性の配偶者を迎えることと、どちらが難しいかなどということは、論じることのできないことのような気がする」第十三回皇室典範に関する...