ひだまり

あなたの心に暖かいおひさまの光がさします様に

心に残る人 愛に生きた人

2017-04-25 19:07:09 | 第九章・愛



この数か月、心痛めることが続きました。孫の事は、ママの強さが、彼らを救ったようです、落ち着いたら、此処で書きたいと思います。

昔々、心が愛を求めているときに、あるカトリックの修道会へと友人の紹介で、出かけることになりました。まだ、洗礼を受ける前の事でした。

その修道院で、一人の修道士との出会いがありました。その神父様に、出会わなければ人間の心の交流がどのようなものであるか、わからず人生を過ごしていたと思います。このブログで何度も書いてきた神父様です。イエス・キリストの愛を、その姿から感じる事が出来ました。

短い時の流れで、私は愛される事、愛することを学びました。心に初めて平安を知る事が出来ました。その神父様は、数年の時を経て、神様の元へと旅立たれました。

私の反発する姿を受け入れて、25年近く私を、導いてくださったもう一人の神父様が、また神様の元へ旅立っていかれました。イエス・キリストの愛に生きた方でした。64年前、5人の修道士が、イタリアを出て、長い船旅の途中、中国へと寄りその後日本に来られました。

東京に修道院を設立して、大分に30年近く前にその中の数人の神父様方が、来られました。初めて日本に来られた、その中の4人の神父様方に出会いました。今イタリアに帰られた神父様が、お元気でおられるだけで、後の4人の神父様方は神様の元に旅立たれました。

先日亡くなられた神父様は、私の心の父親でした。この神父様の生き方を側で見ながら。信仰とは何か、愛に生きるとはどういう事かを、学んできたように思います。

私の中にある氷のような心のありようを、少しずつ溶かしていただきました。神父様に反発して遠ざかった時も、訪れると何時もの姿で、迎えてくださいました。長い年月をゆっくりと接してくださったことは、感謝の思いで一杯になります。


その神父様とイタリアに行く飛行機で、偶然というのでしょうか、エコノミーに席が取れて無く、機長の計らいで、ビジネスの席に座れたこと、おいしい食事においしいチーズ、ゆったりとした座席、不思議な出来事でした。その機長に司教様ではと呼ばれたと嬉しそうに話されていた事、ベネチアに妹さんの娘さんとドライブがてら連れて行ってくださったこと、妹さんの手料理を何度も食べさせていただいたこと、塔に上がるのに、偏頭痛で行かれないと断ると、ホームシックと怒りながら言われたこと、後で思うと塔の上からの景色を見せたかったのでしょう。帰りの車の中で、激しい雨にも気が付かず寝ていた私を、後で呆れたように見ていた事、大分の修道院で、何かの行事で食堂の中で私と若い子と言い争いのような話声に、わざわざ「うるさい」と言いに来られたこと、昨年の暮れ東京の修道院に神父様をお尋ねした際、神父様にお説教をして、ご機嫌斜めに諭されたこと、思い出は、尽きることがありません。どの思い出も、昔流行った、落ちこぼれの私を、導いていただいた優しい神父様の姿です。

昔お御堂の中で、あまりにも孤独で寂しい時、神様お友達を下さいと願ったことがあります。

友達ではないのですが、人生において最も信頼のおける神父様方に出会いました。孤独と疎外感で、生きることもむなしいと思っていたあの頃が、無ければそのような祈りもなかったのではと思います。そして神父様方にお会いする事も無かったのではと考えています。

幼いころから家族の愛を、体験できなかったけれども、優しく暖かいお父さんを、得たことは、心から神様に感謝の思いでいっぱいになります。

想いでは尽きることなく、私の心の中で生きています。愛に生きた神父様方、私もあのような優しい人になりたい、そう心の底から思います。

そして神父様方が、教えてくださった愛を、私も伝えていきたいと思います。

ありがとうございました。 感謝のうちに またお会いするまで・・・・。


ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

苦しみの中から見えてくるもの

2017-03-11 13:13:13 | 第九章・愛
今回、孫たちが、ある経験をしました。怯えた目の表情が、異常なので原因を突き止めました。そのあとの家族の対応は、マザーテレサの言葉そのものでした。

子供を守り、その子にとって一番良い方法を、家族で話し合い、抱きしめてその思いを伝えていることを、孫たちは肌で感じたようです。日増しにその無表情な顔に、笑顔が戻りました。

昨日は、孫がとてもお会いしたかった方と合う事が出来て、大きな安心感を得たようで、もう元の孫の表情に戻っていました、それ以上に、少年のような表情がその中に見え隠れしているようにも思えました。もうすぐ一年生、小学校に行っても苦しい事や辛いことに出会っても、乗り越えていくことができると感じました。

一回り大きくなった孫のその姿は、娘夫婦の愛情をたっぷり受けたことと人生の中で信頼を置ける人との、出会い・愛だと思います。

昔をふと思い出しました。

両親が、離婚した、その後に新しいお母さんとの出会いがありました。まだ高校一年生になったばかりのある日、家に見知らぬ女性がいたのです。父親の結婚式には、私は呼ばれることもなく、どのような人かも誰も教えてくれず、ある日その人と出会ったのです。

今思うと私の心の痛みは、此処から始まったのだと思います。もちろんそのことが、全てでなく実母との確執もありましたが、この経験が、疎外感を感じるきっかけとなったと思います。

愛される事より、愛されないことを体感し、私は誰からも愛される存在ではないと思い込んだ日々の始まりでした。辛く苦しい日々でした。そんな捻くれた私を誰も理解する事は、難しいことだと思いますが、愛されたい一心で毎日を生きていたように思います。

この生き甲斐の心理学と出会ってなければ、今の私も存在しなかったのではと深く思います。恩師との出会いは、良い人達を、見分ける力になったと思っています。良い神父様との出会いは、愛がどのようなものかと教えていただいた大事な出会いだったと思います。

ストレス曲線から幸福曲線へ考え方を変えることで、今までの苦しみは、実は幸せになるために必要な事だったのだと思えるようにもなりました。

今は、尊敬する人たちの中で、生きていることを実感しています。孫の問題も私たち家族ではどう対処してよいのか分からなかったのですが、いろいろな人達にそれぞれの分野で知恵を頂きました。

そして問題は、まだ解決してはいないけど、孫たちは大きく成長しました。苦しみが、大きかった分娘夫婦も大きく成長したようです。

マザーの言葉のように家族が、お互いを大事にした結果だと思います。

“遠くの人を愛するというのは簡単です。ですが、愛は家庭から始まるのです。”
(世界で一番大切なあなたに 片柳弘書 引用)

今は、苦しみの中でも必ず朝日が昇るように問題は解決すると確信した出来事でした。





ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

悩みの後に

2017-02-02 16:01:56 | 第四章・愛とゆるし
新年を迎えて、新たな意気込みを感じ、さあ今年こそブログを書くぞと思っていました。気が付くともう2月になりました。

日々何もしなく過ごしているのではなく、一日一日を大事に生きているつもりですが、時としていろいろな感情が、芽生えてくるのをどの様に捉えていくかで、あっという間に月日が過ぎ去って、残り少なくなっている、生きている時間の無駄遣いかなと内心焦ってしまうことも多々あります。

この所、孫の事で、娘夫婦と悩んでいました。心無い大人の行動に不信感を覚えた6歳の幼稚園年長さんの言葉は、心ある大人の人たちの行動を変えているように見えます。

2017年1月28日の師のブログで、「基本的信頼」という記事を読みました。娘夫婦の3人の子供たちへの親としての愛情、また孫を大事にする周りの家族たちの中で、すくすくと育った人間への信頼感は、大人の人を信頼しての話になったと思います。

孫が語る一つ一つの出来事の重さは、お友達や弟を守る心の優しさから出てきた言葉でした。その孫が、幼稚園を休んで、心の休養をとりまた新たに外の世界へと心が向かうようになりつつありましたが、また心無い大人の言動で、幼稚園を卒園まで休むことを幼い孫は、決めたようです。パパやママは、その決めた事に賛成して、孫を応援しています。

孫のその姿を見て、私もこの孫の為にできることを始めたいと思う心が強くなり、孫の戦いに参加しました。

人生を生きる中での、理想と現実とそのギャップの解決の仕方を、生き甲斐の心理学で学んでいてよかったと思います。

私の理想と現実のギャップ・孫の理想と現実のギャップを考察しながら、今起きている事柄から目をそらさず、考えていく方法をこの小さな孫に教えていきたいと思います。

師のブログは、今の私にとって良き方向性を示してくださったように思います。大分の消えゆく民話から何か幼い孫にもわかるように教えられる知恵があるのではと考え、またページを開いてみる気持ちになりました。

‘体験の解釈を変えると世界が変わる’ 

このことを孫に分かりやすく伝えられる話を見つけてみよう。

先ずは、吉四六さんかな・・・・。



ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ






この記事をはてなブックマークに追加

新しい年を迎えて・・・・。

2017-01-05 10:59:21 | 日々の出来事


新年おめでとうございます。

本年も昨年同様にお願い申し上げます。

昨年末、東京に出かけていきました。父親の様に慕う神父様に年の終わりにお会いするため、ここ数年出かけています。修道院に住まわれているので、長い時間お話しする事が出来ないのですが、その短い時間もたくさんの愛に包まれるような、安心感と心地よさを味わいます。

今年は特に、年末に近づくほどに体調が悪くなるようで、今年は出かけることが無理かと思いましたが、腰に走る激痛も、歩くたびに悲鳴を上げるほどでしたが、その痛みも治療を受けたおかげで良くなり、また薬の副作用も不思議と軽く感じられるようになりました。

吐き気も時々訪れますが、これらは我慢するしかないので、良い友としてお付き合いしています。体の変調を意識して、自己管理していますが、突然襲ってくるひざの痛み、腰の痛みには、昨年初めて、もう駄目だと思ってしまいました。車いす生活を受け入れるしかないと心で泣きましたが、天神の先生のおかげで、歩けるようになり、娘と二人東京に出かけました。

東京の駅から駅への移動は、田舎の大分では考えられないほどの歩く毎日で、距離を万歩計で計っていましたが、軽く1万歩近くを3日間歩いていました。大分ではせいぜい2000~5000歩の間なので、こんなにも歩けるのだと自信につながりました。大分に帰ってから5000歩以上歩くぞーと決心しました。歩くと体も心も軽くなるようです。

神父様とお会いして、91歳になられたと知りましたが、大分におられた時よりも弱られたことに驚いてしまいました。でも私たち親子を心から喜んで迎えてくださり、厳しさの中に暖かさとやさしで、私たちを導いてくださった姿は変わりませんでした。また来年も来ますと伝えて修道院からホテルへと帰りましたが、ホテルの部屋からの富士山は、朝日と共に美しい姿を、私たちに見せていましたが、夕日に照らされた富士山もその美しさは変わりませんでした。神父様のお心もこの富士山と同じで、どのようになられたとしても、変わらぬ美しさで私たちを見守ってくださるのでしょう。

東京では、ゴッホの自画像を見る事が出来ました、品川の駅から新幹線に向かう通路から、意識して初めてしっかりと東京タワーを見る事が出来、帰りの新幹線は、帰省客で150パーセントの乗客だと知り、初めて指定席の私たちの席の横まで人が立っていることを経験しました。楽しい経験に感謝しながら、大分につきました。

昨年は、体の調子が良くなくて中々ブログを書くことが出来ませんでしたが、たくさんの方々が、訪れて読んでくださり心から感謝しています。

今年は、出来るだけ沢山のブログを書く事が出来るよう、体調を整えたいと思っています。   

感謝と共に、皆様のご健康と良い一年でありますように心からお祈り申し上げます。



ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ



この記事をはてなブックマークに追加

チャンス

2016-11-10 15:51:06 | 第六章・螺旋状に上昇する意味
            私は、困難なことを問題とはよびません。

                 むしろ、チャンスと呼びます。

                         (世界で一番たいせつなあなたへ・片桐弘史著引用)

人の出会いは、近頃、偶然だけではない何かがあるのではと思うことがあります。

私の癌の主治医だった先生は、今年の4月に転勤されました。主治医の先生を思い出すたびに、その暖かい心のありようを感じさせていただいています。

まだ、3歳だった孫の心に深く残っているのも、その暖かさが伝わったのではないかと思っています。私が周りの方々との会話の中で、手術の話が出てくるとどんなに静かに遊んでいても、「R(孫自身のこと)は、男の先生になる」と話しに来ます。主治医の先生の名前を覚えられないので、男の先生と言うのです。

将来お医者さんになるかは、分かりませんが、主治医の先生が、人生の目標になるのではと思っています。

孫が、その人生の道のりの中で、またその先生に出会うかもしれない、そう思うと今出会う人を、大事にすることの意味も見えてきたように思います。

「癌患者として生きている」と思う時が、この頃よくあります。癌患者(私)として接する人たちの中で、私が元気なのが悪いのですか問いかけなおしたいような、感情になるときがあります。

私は、今は転移も再発もない状態ですが、これから先のことを考えると不安にもなります。薬の副作用で、動けなくなる時も多々あります。

また持病や交通事故の後遺症での骨の痛みが、それに加わるのですから、決して何もありませんという状態ではないのです。けして、芯から元気になったわけではないのです。

‘考え方を変えると世界が変わる(体験の解釈)’と生き甲斐の心理学で学びました。

今のこの苦しみには、意味があるのではという思いがわいてきます。

マザーの言葉で、これからの人生に、私は生きていくチャンスを頂いたのではないかと思うのです。これから先、何が出来るのか分かりませんが、今生きている時間を大事に生きることで、見えてくるものが、私の人生のチャンスとなるのだろうと思います。
孫が、心の中で育てている夢は、「ばぁば」の胸にできた宇宙人を、自分も倒したいと考えていることだと思います。今テレビで、放送されている「何とかレンジャー」に変身して宇宙人を倒しているのかと思うとその夢に寄り添いたい希望が、心を明るくします。

孫の心を大事にして、また宇宙人が来ない様に生きるのもチャンスの一つかな・・・・。

ストレス曲線(不安・怒り・身体症状・ウッ状態・錯乱)から幸福曲線(平安感・友好的感情・健康感・幸福感・統御感)へ  喜びとともに。





ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加