.
Since 1999.7.23
 



ギター背面にある配線パネルの蓋に
謎のスイッチが増設されている。

リアピックアップを外してみると
黒と白のピックアップから+-それ
ぞれ4本の線が配線パネルへと延長
されていた。

4本のうち2本がスイッチに半田付
けされており、残り2本は断線して
いた。

どうやら経年劣化でスイッチが壊れ、
2本の線は断線してしまったようだ。

アンプに繋いで弾いてみたがリア側
の音は全く鳴らなかった。

そもそも、これは何なのであろうか?

スイッチの端子がクロスして結線
されているので、おそらくフェイズ
スイッチを目的に改造したのでは
ないかと想像する。

フェイズは2つのピックアップが出
す音の波形が打ち消し合うように組
み合わせる接続方法で、低音がカット
されてチャキッ!とした音になる。

オリジナル配線に戻すか、前の持ち主
の趣向を尊重してこれを修理するか?

迷ったが、結局後者を選んで修理する。

さて、どんな音か?実際にアンプに繋
いでスイッチを入れると、想像通りの
チャキッ!とした音で心地よい。

しばらくはこれで様子をみよう....





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 購入2 蜜柑 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。