.
Since 1999.7.23
 





このストラトは、ジャンク品として販売さ
れていたのを救出したものである。

お店の注意書きには「このギターはリアピ
ックアップのトーンコントロールが効くよ
うに改造されています」との札が貼ってあ
った。

知らない方のために説明すると、ストラト
のコントロールは、ボリューム1つとトー
ンが2つの計3つあり、フロント、センタ
ー、リアの各ピックアップに対して、次の
ように動作する仕様になっている。

①ボリューム(全ピックアップ共通)
②トーン1(フロント用)
③トーン2(センター用)

注意書きによると、これを下記のように
改造したようである。

①ボリューム(全ピックアップ共通)
②トーン1(フロント・センター用)
③トーン2(リア用)

ジャンクといえど、注意書きでは音が出る
ことは確認されているわけだから、試奏は
しなかった(これが後で問題になる)。

ギターパーツだが、2つのストリングスガ
イドのうち、1個が欠損しているのと、も
う1個がかなり錆びている。

また、ブリッジにトレモロアームがついて
いなかったが、これはストリングスガイド
と一緒にあとで購入すればよいと思ったの
で、まずはそのままお持ちかえりとなった。

自宅に着いて、さっそくアンプに繋いで弾
いてみた。

「何か異様に音が小さいな?」思いつつ、
スイッチを弄ると、音が急にフェードアウ
トして、そのまま沈黙。それ以降、全く音
が出なくなってしまった。

あの時、試奏すれば良かったのに!と悔や
むが、時すでに遅し。

ジャンクなので保障、交換は効かないので
自分で修理するしかない。

まずは、ハンダコテでスイッチや可変抵抗
器の端子数か所をハンダし直してみた。

すると音は出るようになって、スイッチで
各ピックアップの切替までは修理できた。
しかしトーンコントロールが全くダメ。

また、故障ではないが、可変抵抗器の軸が
長すぎて、トレモロアームがボリュームの
ノブと接触してしまう。

その日の修理はあきらめて、翌週に持ち越
しとなった。

そして次の週末、修理パーツの買い出しに
渋谷、お茶の水へ行く。

まず、スイッチは5接点を購入した。これ
により、各ピックアップの下記の組み合わ
せが可能となる。

1.フロント
2.フロント+センター
3.センター
4.センター+リア
5.リア

ボリューム、トーン用可変抵抗器を購入。
抵抗値は250kΩAカーブ(GOTOH製)。

また、ヘッドのストリングスガイド2個と
トレモロアームも購入。

これで、パーツはすべて揃ったのでよいよ
修理にとりかかる。

ネットから落としたストラトの配線図を参
考にしながら、可変抵抗器の端子とスイッ
チをハンダづけするのだが、老眼で良く見
えず、誤った配線すること数度。やっと配
線が完成。

まずは、弦を張る前に、スイッチ毎に3つ
のピックアップを切替えながらドライバー
でピックアップの先端をコンコンと打ち付
けて音が出るか?反応を確認する。

各ピックアップの反応はOKなので弦を張
って、チューニングして、よいよアンプに
繋いで音を出してみた。

弦の振動が腹に響き、すごく鳴っている。

スイッチは5接点の組み合わせ全てOK。
ボリュームとトーンも正常に機能した。

あとは、ストリングスガイドとトレモロア
ームを取りつけ、オクターブチューニング
をして完成。

自分で修理して音が出たギターなのでとて
も愛着が湧いてくる。

弾き込むほどに、なかなか味わいのある
ギターである。

ギターの仕様は以下の通り。

ブランド:Fernandes
モデル名:Burny Custom
型  番:FST-70
製  造:1977年
ボ デ ィ:アルダー
ネ ッ ク:メイプル
指  板:メイプル
ペ グ :シャーラータイプ
(カバーに"Fernandes"の印あり)
シリアル:7XXXX

なお、シリアルの左1桁目が製造年を示
している。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« Tokai LoveRoc... Tokai SPRINGY... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。