里山で出会った風景

山ブログの筈が最近は山にのぼれず、花の写真と老人のつぶや記

お急ぎの方は赤字だけをお読み下さい

大月市富嶽12景 4番滝子山登山

2016年10月16日 | 山登り
 昨日のこと 
 大月市は富士山の絶景ポイント12の山を 「秀麗富嶽十二景」 と銘打っている。
 その4番・滝子山に登る。二度目なので楽勝の山と思って挑んだが、大変厳しく
 時間を要し、山頂に立った時は富士山は既に逆光の中。昼飯は大好きな富士を
 眺めながら至福の時。3年前の10月13日は簡単に登れた山が、今回は厳しく
 疲労困憊の極み。経験が当てにならない登山!悲しいかな、それは体力の衰え。
 反面、この歳にして1、600mの山に未だ登れたか!と自信も持つのでした。 

 山梨百名山、大月市富嶽12景 滝子山全景(1,610m)標高差約1,100mを登る
 
 道中の風景 緑青々まだ夏の山        左迂回路と右難路(どちらを選ぶか迷う) 
  
 青空が見えて                   途中の鎮西が池山頂の白縫神社
   
 山頂(1610m)
  
 大変狭い山頂 
 
 学生さん                     ヤマガール二人
  
 山頂から西側(富士山の左隣)を望む 正面は多分御正体山
 
 山頂から東側を望む(手前大谷が丸と奥は多分大菩薩連嶺・・・登頂済み)
 

 
 かかる雲が違います
 
 富士山手前の鉄塔のある山は三つ峠山(1,785m)。 登頂済み
 
 (28年10月15日撮影・滝子山登山にて)

 

  メモ
  万歩計は山頂に立って19,500歩、自宅に帰った時点で合計37,600歩 
  (急峻な所は小股歩きで 通常の3割り増しくらいか)


ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 滝子山登山 | トップ | ノーベル賞の大隅先生とむかご »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ロメオ)
2016-10-16 15:09:39
登山のお疲れ、少し回復してきた頃でしょうか。
1600m、富士山がこんな綺麗に見える山へ登るなんて、私なら、途中でギブアップ必至。
いつも車に頼っているので、足腰が弱っています^^;

幾つもの山並みの向こうにそびえる富士山、シルエットでもじゅうぶんすぎるほど素晴らしい眺めです。

とみーさんの目でご覧になった絶景のおすそ分け、ありがとうございました(^^)
選択ミス (管理人とみー)
2016-10-16 17:11:49
ロメオさん
コメントありがとうございます
綺麗な富士を見るには午前中が良いので、早い出立をしましたが、山の選択ミスで
時間がかかりすぎて、山頂へ到着した時は写真の通り既に西日の中でした。
西日の中とはいえ富士は富士です。雲をかぶって見えない時もありますので
見えただけ良しとしなくては・・・・
1日27500歩ですか すごい (かのちゃん)
2016-10-16 18:34:21
美しい景色に癒されました 有難うございます
小股歩き (管理人とみー)
2016-10-16 20:35:06
かのちゃんさん
コメントありがとうございます
確かに万歩計は確実に27,500を刻みましたが小股歩きが多かったので・・・
昔は登りも下りも人を追い越したものですが、今は追い越されるだけになりました・・・
健脚(^^)♪ (きなこ)
2016-10-17 16:36:55
とみーさん こんにちは♪

健脚ですねー!! 私は昔よく登った531mの山でさえ登る気力がなくなっています。
山は登ったら絶対に降りてこなければいけませんので・・・。
滝子山から、逆光での富士山はシルエットを狙ったようにとても美しいです♪

コメントありがとうございます。
>あとは大谷の160キロ超の大活躍で栗山監督の胴上げが見られることを・・・。
出来ることなら日本一になってもらいたいですが、広島カープは強すぎます。
せめて二勝ぐらいは挙げてもらいたいと思っています。
日本一 (管理人とみー)
2016-10-17 19:52:52
きなこさん
コメントありがとうございます。
それ程健脚でもないんですよ・・・今回は途中で下山しようかと思ったくらいです。
下りてくる人から「最高の景色ですよ!」と言われて頑張りました。
逆光の富士山が美しく見えて頂ければ嬉しいです。

弱い横浜でも広島に1勝していますから日ハムは最低でも3勝で、うまくいけば4勝です
つまり日本一でしょう。栗山采配に期待してます

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL