里山で出会った風景

山ブログの筈が最近は山に登れず、駄文で綴る老人のつぶや記

お急ぎの方は赤字だけをお読み下さい

穀雨 レンゲソウ タツナミソウ ツタウンラン ツルオドリコソウ

2017年04月20日 | 
  二十四節気の一つ穀雨。春の温かい雨が降って、穀類の芽が伸びて来る頃。

  蓮華草に出会い一句を思い出す。「手に取るなやはり野に置け蓮華草
  作者の滝野瓢水が遊女を身うけしようとした友人をいさめて詠んだ句。
  転じて、には花が咲くのに相応しい場所があり、野山で自然の花を盗る
  不心得者をいさめる句でもある。蓮華草を他の花の名に置き換えるだけで
  何にでも通じて私の大好きな句である。

 レンゲソウ
     
 タツナミソウ(紫)
  
 手に取るなやはり野に置けタツナミソウ
  
 タツナミソウ(白)
 
 タツナミソウ
 
 ツタウンラン
 
 手に取るなやはり野に置けツタウンラン
 
 ツルオドリコソウ
  
 手に取るなやはり野に置けオドリコソウ
 
 タンポポの白
 

 
 (29年4月20日撮影・近隣散歩にて)


 
  過日見つけたオキナグサが何者かによって根こそぎ
  持っていかれてしまったのを今日気がついた
  白髪が出て翁になるのを楽しみにしていたのに・・・。 
    「手に取るな やはり野に置け オキナグサ」
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 多摩森林科学園 | トップ | ダイコンの花 セリバヒエン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そこにあるから好いのです (chika)
2017-04-21 07:35:37
野の花は野で見るのがふさわしい、とわたしもおもいます。
野の花がそこに咲くのをみて、季節を感じその土地を想います。
今回の野草はわたしの近所では見られないものばかり。
大好きな野の花に癒されました💛
野に咲く花 (管理人とみー)
2017-04-21 12:57:07
chikaさん
コメントありがとうございます
野に咲く花は野にあって良く、花瓶に活けてもその花の趣きがありませんよね。
まして、絶対育たない高山植物などを盗ってくる馬鹿者には困ったものです。
そのような人を見かけると、危険を承知で注意することにしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL