里山で出会った風景

山ブログの筈が最近は山に登れず、駄文で綴る老人のつぶや記

お急ぎの方は赤字だけをお読み下さい

ヒマラヤスギの松ぼっくり

2017年06月12日 | 果実
 久し振りにヒマラヤスギの実に出会い、初見した時にこの実が松ぼっくり
 杉ぼっくりか?その呼び名に悩んだ事を思い出した。今回はそのの生る
 時期に悩んでいる。 初見をしたのが10月21日だから、 あまりにも時期が
 違い過ぎて・・・。狂い咲きならぬ「狂い生り」と呼んでいいのだろうか?
     ≪ヒマラヤスギの松ぼっくり≫      ≪ぼっくりの名の由来
 
 

 
 (29年6月12日撮影・近隣散歩にて)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 高尾山登山 稲荷山コース | トップ | 梅雨とアジサイ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
松ぼっくり(^^)♪ (きなこ)
2017-06-13 16:46:07
とみーさん こんにちは♪

ヒマラヤスギの松ぼっくりを拝見して、「ミイラ男」を思い出しました。
古くてごめんなさい。
とみーさんはご存じないかもしれませんが・・・。
ヒマラヤ男 (管理人とみー)
2017-06-13 17:48:59
きなこさん
コメントありがとうございます
私は「ミイラ男」は知りませんでしたので、只今ネット検索してみました
包帯でぐるぐる巻きの男ですね。きなこさんの言われることが良く解りました。
きなさんブログは
相変わらず私には目にできない虫の数々で楽しませて頂いております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL