お花や日々の出来事を

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ヤナギハナガサ(クマツヅラ科)

2017-07-16 | 日記
クマツヅラ科クマヅヅラ属。半耐寒性宿根草。強健な直立して開いた株立ちとなり、茎には剛毛が多い。断面は四角形で中空。粗く分枝した枝には長楕円形から披針形の最大13㎝の葉が数枚つく。葉にはしわがあり縮んでいて裏面に毛が生えている。基部では茎を抱く、草丈120㎝ほど。 別名:サンジャクバーベナ(3尺バーベナ)。 原産地:南アメリカ原産で日本(北海道~九州)にも帰化している。 日本には園芸植物として導入されたが野生化して空き地や道路などに生える。 開花期:6月~9月。 背の高い花で、高盆状の青紫色の直径6ミリの花が、円錐状に似た幅5㎝程の集散花序についている。 花色はピンク、赤。 4月7日、5月25日、6月24日、6月27日、7月18日の誕生花。 花言葉:「幸運に」、「魅惑する」。
写真 ヤナギハナガサ 7月15日元八王子 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サルスベリ(ミソハギ科科) | トップ | キンカン(花)ミカン科 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。