お花や日々の出来事を

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

キンカン(花)ミカン科

2017-07-17 | 日記
ミカン科キンカン属。常緑樹、柑橘類の中では一番育てやすい。また、自家結果性があり、1本でも結実する。 ビタミン類が豊富で、風邪予防にもなるし、生だと酸っぱい方にには砂糖漬け、ジャム、砂糖煮、はちみつ漬け、マーマレードなど、色々アレンジして食べられる。 別名:キンキツ(金橘)、マルキンカン。原産地:中国原産。1,828年に中国の商船が遠州灘(静岡県の沖)で遭難し、漂着した清水港に寄港した際に船員が、助けてくれた地元の人に砂糖漬けの金柑果実をプレゼントし、その種が育って日本中に広まった。 結実までは3~4年かかります。開花期:春、5月。 夏、7~8月。秋、10月。 キンカンの花は4季咲きの性質を持っており、春、夏、秋の3期咲くが夏が一番結果しやすい。 花は5弁の白い花、7月頃に花が咲き、8月ころまでに実ができます。実の表面はスベスベ冬頃に黄色くなる。 1月29日の誕生花。 花言葉:「思い出」、「感謝」。
写真  キンカン(金柑)の花 7月16日自宅  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤナギハナガサ(クマツヅラ科) | トップ | ニチニチソウ(キョウチクト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。