お花や日々の出来事を

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ニチニチソウ(キョウチクトウ科)

2017-07-18 | 日記
キョウチクトウ科ニチニチソウ属。 別名:ビンカ。主に夏から秋に花壇や鉢植えで楽しむ草花です。本来は毎年花を咲かせる多年草ですが、日本では霜の降る頃に寒さで枯れることが多いので1年草として扱います。草丈10~80㎝。 原産地:マダカスカルを中心とする熱帯性~亜熱帯。 ニチニチソウには矮性、高性、這い性のタイプがあるので、用途に合わせて品種を選んでみましょう。現在は花形の改良が進み、風車咲やフリンジ咲きなども流行しています。いずれもあまり土質を選ばず、高温と日照を好む乾燥に強い丈夫な植物なので、夏の花壇には欠かせない存在です。ただし、濃度の高い肥料を施すと根が傷みやすいので、一回に大量の肥料を与えないようにします。過湿や蒸れに弱いので、水を与えすぎないことが上手に育てるコツです。日本へは江戸時代の中期に渡来した。 開花期:6月~9月。 花色は白、赤、ピンク、紫、複色。用途:鉢植え、露地植え、ハンキング。 7月30日の誕生花。 花言葉:「若い友情]、「生涯の友情」、「楽しい追憶」、「優しい」。
写真  ニチニチソウ(日々草)7月13日花屋  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キンカン(花)ミカン科 | トップ | ヒペリカム・ジュエリー(オ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。