お花や日々の出来事を

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

サルスベリ(ミソハギ科科)

2017-07-15 | 日記
ミソハギ科サルスベリ属。 落葉樹。樹皮がつるつるしていることから「猿も滑り落ちる」→「猿滑り」というのが名前の由来とされています。漢字では「百日紅」という漢字を当てていますが、これは開花時期が長いところに因みます。樹高2~10m。 原産地:中国原産。中国南部を原産とする花木の1つで、冬は落葉します。日本にやって来たのは正確な時代は不明ですが、大和本草(1,708年)に載っていることから、それ以前だと考えられる。 開花期:7月∼10月。春に伸びた枝の先端に夏~秋にかけて花を咲かせます。花色は白、ピンク、紅、紅紫などあります。花弁は6枚で縁が強く波打ちます。満開時期の姿はよく目立ちます。花後に球形や楕円形の果実をつけ熟すとはじけて種がちります。種にはうすい羽のような翼がついています。 8月29日の誕生花。 花言葉:「雄弁」、「愛嬌」、「不用意」。
写真 サルスベリ(猿滑り) 7月13日楢原町  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤブミョウガ(ツユクサ科) | トップ | ヤナギハナガサ(クマツヅラ科) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。