小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

運転免許証の更新に伴う高齢者講習を受講

2017年04月25日 | その他
実車による指導 1時間 (写真はすべてネットからお借りしたもの)



(座学) 1時間 安全運転の心構え・知識等


(運転適性検査器による指導)1時間  視野測定


青、黄、赤のランプが点灯したら足元のペダルを踏む


左右の⇒が出たらハンドルを左右回してすぐに戻すほか
     


  
  あーあ、年を重ねるって大変だね。講習手数料5600円を払って、4人くらいの講師さんにみっちり指導を受けて来た。これ、ハガキ通知を1月にもらって、すぐに申し込んだが満員でやっと今日受講。あくまでも講習なので全員終了証明をもらったが、今度は誕生日の前後1ヶ月のうちに県の試験場に出向いて更新手続き。

  この春の交通安全運動の期間中(4月/6~15日)の全国の違反者は11,355件(反則金を1件@7,000円平均としたら・・・)反則金は79,485,000円となる。などなど興味深い数字がたくさん出てきた。

  そうそう、交通事故の年齢別推移をスクリーンに写されたが、若年層が激減していくのに対して、高齢者が右肩上がりで増えていく一方だそうだ。若年者は少子化の上に車を持ちたいと思う者も減ってきて、必要な時は、旅先でスマホでレンタカー予約をするのだとか。高齢者は団塊の世代を筆頭に増加するのも当然だろう!確かに連日の交通事故ニュースは「高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違い」を繰り返してるね。

  小父さんは交通事故は1度もやったことはないが「ヒヤリ ハット」の数は多い。いい薬になった!!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏 /... | トップ | 高丘コミセン 高年男性初級... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ree)
2017-04-26 00:43:02
ここでも高齢者の事故、多いんですよ。
スクールバスを待ってた子供をゴミ箱と勘違いして撥ねてしまった、ってケースもあります。
この前は友達が信号待ちしてたら、後ろの老婦人が怒鳴り込んだらしいです。
車をバックさせるな、って。
勿論友達はしてないんですよ。
そうした錯覚も事故に繋がりますよね。
昔は (はちきんイジー)
2017-04-26 09:50:41
シカゴづんタウンまで 主人なしで運転していましたが
もうその自信はないですね

アイオワの家の町はイリノイの家の町より車の量も多く
神経使います

瞬間の判断力が衰えていますし
雨の夜は 見えません
お久しぶりです (ひより)
2017-04-26 10:12:41
もう4月も終わりますね。
ご無沙汰しております。

高齢者教習、参加申し込みも大変なのですね。
私の父は、70で免許返納しました。運転ど下手でしたから小父さんはまだまだ

また、ゆっくり遊びにきます。
Unknown (shinkai)
2017-04-26 13:51:03
こんにちは! 

そうそう、日本では免許更新には、あれこれ講習がありましたが、
この高齢者講習は70歳以上は毎年受けるのですか?
義務ですか?
これで状態が良くないと分かると、免許返納を求められるとか?

イタリアの場合、免許更新は70歳以上は3年事、それまでは5年毎、80歳になると毎年だったか、になりますが、
もちろん心臓病の方などは医者の診断が必要ですが、
一般にはとても簡単に、視力検査のみで、あとは何かありますか?の質問位で即OKなのです。

でもこうして見ていると、視野測定とか瞬間的反応など、やはり自分を知るために必要かな、とも思いますね。

小父さんの反応は如何でしたか?
reeさんへ (小父さん)
2017-04-26 23:24:05
>ここでも高齢者の事故、多いんですよ。

ありゃ、世界的な傾向なんですかね?
アメリカ情報は日本のテレビでたくさん流れますが、流石に、交通事故情報は大事故じゃないかぎりニュースにはなりませんね。

>子供をゴミ箱と勘違いして撥ねてしまった、ってケースもあります。

酷いですね~。
最近の日本でも小学生の通学の列によく車が飛び込んでいるようです。

>そうした錯覚も事故に繋がりますよね。

はっはっは、老婦人がですか!
はちきんイジーさんへ (小父さん)
2017-04-26 23:33:22
>昔はシカゴ??タウンまで 主人なしで運転していましたが

正解でしょうね。
私も無理な運転はしないように心がけています。

>アイオワの家の町はイリノイの家の町より車の量も多く
神経使います

なるほど。
イリノイの酒場の外観なんて西部劇のイメージのところもあったような?
最近もいくつか西部劇映画をテレビを観て、イリノイのそんな光景をイメージしてしまうような・・・。

日本の交通事故が多いのはきっと、アメリカに比べて道幅も狭く、無数の車がせめぎ合っているのも原因の一つでしょうね。

>瞬間の判断力が衰えていますし雨の夜は 見えません

全く一緒です。
夜の雨の高速なんて用事もないですが、走らないことに限りますね。
ひよりさんへ (小父さん)
2017-04-26 23:47:09
お久しぶりです。

ひよりさんどうしてるかな?といつも思っていましたよ!

あっ、4月も終わりですか!
私はやることが多くてカレンダーや手帳スケジュールとにらめっこばかりしています。
なぜかスマホスケジュールは使っていません(笑)

高齢者教習の参加申し込み、我々が団塊の世代の1期生(1947年)で、後2年経ったら(19479年生まれ)
「どこの教習所の満杯でパンク状態ですよ」とこの講習会場講師が力説していました(笑)

>私の父は、70で免許返納しました。運転ど下手でしたから小父さんはまだまだ

へーっ、お父上りっぱですね~。
私もど下手というか、二番目の兄、二番目、三番目の姉も実によく似た運転ぶりでした。
長兄だけは、早くから町田から東京都心に高速で通っていて巧かったような気がします。

そうそう、入院前まで「車の運転止めたら・・・」と私がよく言ってましたが止めませんでした。
もう絶対危険だったと想像します。
shinkaiさんへ (小父さん)
2017-04-27 00:15:27
こんばんは

>この高齢者講習は70歳以上は毎年受けるのですか?

「優良運転者および一般運転者の場合は70歳未満は5年 70歳は4年 71歳以上は3年の有効期限になります。」
とネットに出ていますね。
小生は先日、一旦停止義務違反でひっかかったのでどうなるのか理解していません(汗)

>義務ですか?

そうですね。
この講習を受けないと、免許は更新してくれません。
この日の講習では試験は無しと言っていましたね。

ただ75歳以上なのか?
臨時認知機能検査があり主治医等が認知症と診断したら更新は出来ないようです。

>イタリアの場合、免許更新は70歳以上は3年事、それまでは5年毎、80歳になると毎年だったか

今、資料も広げていますが細かな日本の規則がよくわかりません(汗)

>一般にはとても簡単に、視力検査のみで、あとは何かありますか?の質問位で即OKなのです。

以前に5年間、無事故無違反だった時は、展示されている事故の写真や事故統計を歩いて通り過ぎるだけで、後は視力検査と写真撮影が1回だけありましたが、
その時以外は1~2時間の座学受講義務がありましたね。

はっはっは、私は視野測定は良すぎるくらい良かったのですが、
瞬間的反応に対しては「車間距離は多めに取り、割り込みされても気にするな」などなど反応は遅いと出ました(汗)。

まあ、現在は買い物か近くの写真撮影くらいしか乗りませんが(笑)

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。