小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

11/12のぶらり歩こう会下見  JR舞子~大蔵海岸~魚の棚商店街(JR明石)

2016年11月04日 | コミュニティセンター
 
 
  JR舞子駅の上から淡路島に渡る明石海峡大橋がはじまる。その同じ地点の地上が今日の出発地点だ。メンバーは打ち合わせ不足で一人欠席(笑)。所長曰く「明石市周辺で歩くのは海岸が一番いい!」としみじみ語っていた。汗ばんで日蔭でじっとしていると少し寒いが、「ぶらり歩く」のは今が最適な季節だと思う。

 
  



明石藩舞子のお台場だね





向こうは淡路島



国道2号線沿い







知る人ぞ知る建築家安藤忠雄の住宅建築の「4m×4mの家



前方に見える歩道橋は、明石花火大会で11人の犠牲者が出た現場







LNGタンクが4つ並んだ海上のタンカーはでっかかった



堀江謙一氏が、1999年にモルツの生ビール樽を利用したリサイクルヨットでサンフランシスコ〜明石海峡大橋間を横断した時の船『MALT'SマーメイドⅡ号』



明石花火大会歩道橋事故供養の像



歩道橋







古くは白砂青松(はくしゃせいしょう)の海岸だったが、国道2号線の海寄りに国道28号が建設された際には堤防と消波ブロックで固められていたが、海が埋立てられて海浜公園として再生されたことを今日知った。





魚の棚商店街の写真を撮り忘れていたが、JR明石駅前の再開発ビルは竣工直前になっていた。



今日歩いたところ(赤線)
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手作りの秋まつり | トップ | 祝 ブログ開設10周年 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (siawasekun)
2016-11-05 03:18:44
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

珍しいいろいろなショット、・・・・・・・。
見せていただき、 siawase気分です。

眺めて、とても心癒されました。
ありがとうございました。

ブログでのコメント交流、・・・・・・。
いいものですね。
つくづく、・・・・・・・。

Unknown (ree)
2016-11-05 03:54:03
最初の写真がすごくいいじゃないですか!!
これだけ青空だと自然にきれいに撮れますね。
昨日はチーム写真を撮ってたんですが、ジム内のあのライト、大きなフラッシュがないときれいに撮れなくて困りました。
大きいフラッシュは持ってないし(涙)。
おはようございます (ひより)
2016-11-05 08:37:05
海沿いをテクテク。

お天気も良く、とても楽しそうな下見風景ですね。
明石大橋、行ったことあります。行ったというより、通ったという感じですが、またゆっくりお邪魔しますね。

あの花火大会の痛ましい事故は、鮮明に覚えています…今も花火大会の時は、人でごった返してるのでしょうか。こう行った空間は、人が多い時は歩きたくないなぁなんで、いつも思います。

ツーバイフォー(2×4)住宅は知っていますが、フォーバイフォーは初めて聞きました。進化?

今回も沢山歩かれましたね!!!
siawasekunさんへ (小父さん)
2016-11-05 17:55:59
>素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

どうも有難うございます。
説明が大雑把なので気になります。

>ブログでのコメント交流、・・・・・・。
いいものですね。
つくづく、・・・・・・・。

いや、本当に見ず知らずの人同士が・・・、電話だとこうは交流できませんね。
手紙でも!(笑)
reeさんへ (小父さん)
2016-11-05 18:02:25
>最初の写真がすごくいいじゃないですか!!

ありがとうございます。
明石海峡大橋は数えきれないほど撮ってきましたが、この角度からはうまく入りますね。

>これだけ青空だと自然にきれいに撮れますね。

やはり、天候が大きく作用しますね。
写真の先生方は朝は10時まで、夕方は16時以降が撮影の時間と言います。
これは、午前10時半頃です。

>ジム内のあのライト、大きなフラッシュがないときれいに撮れなくて困りました

なるほどですね。
室内は特に、そして人物写真って難しいと思います。

>大きいフラッシュは持ってないし(涙)。

私もないです!
ひよりさんへ (小父さん)
2016-11-05 18:24:37
こんばんは

>海沿いをテクテク。

気持ちいいものですよ。

>お天気も良く、とても楽しそうな下見風景ですね。

下見の時は、交通事故の心配もありませんし、ペチャクチャ喋って楽しんでいます。

>行ったというより、通ったという感じですが、またゆっくりお邪魔しますね。

これは、この橋を渡って、淡路島を縦断して鳴門海峡の大鳴門橋まで行ったら気持ちいいです。

>あの花火大会の痛ましい事故は、鮮明に覚えています

悪夢でしたね。
今検索してみましたが、今夏もやっていないしあの事故以後はたぶんやっていないと思います。

>フォーバイフォーは初めて聞きました。進化?

違いますよ(笑)
ツーバイフォー工法は、2インチ×4インチの大きさの材料を基準として、 規格の大きさ数種類の組み合わせで、家の骨組みを構成しているらしいですね。

4m×4mの家(よんめーとるかけるよんめーとるのいえ)は、
4m×4mの家の名称は、最上階にあるワンルームが、縦・横・高さそれぞれ4mの長さに統一されていることに由来しているそうです。

私の印象は彫刻みたいだということですね。

歩きは2時間弱、たぶん7~8kmでしょう。
GPSと連動したアプリの「山旅ロガー」を止めるのを忘れていたのでちゃんと計測できていません(泣)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。