小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

シリコンバレーはもう古い? 中国発イノベーションが席けん / クローズアップ現代+~ NHK

2017年10月19日 | テレビ
シリーズ 習近平の中国② 加速する“創新(イノベーション)”経済(抜粋)
NHK 2017年10月18日(水)IT技術を生かしたイノベーションが生活を一変させている。“創新”は、一時の勢いを失いつつある中国経済の起爆剤となるのか?中国企業の開発力を取り込もうとする日本企業の姿・・・

  
  驚いた!!!この1週間、中国の経済事情が多く報道されているのを見ていると、ドイツのメルケル首相が笑顔で習近平総書記を迎える雰囲気もよーく分かったけど、広東省の深せんにジャブジャブお金を投資する人も居て、中国が世界の(下請)工場から、創造経済を生み出そうとしていることも知った。それにしても若い起業家は「ソニーやリコーみたいな会社を作りたいと言っていたから、ちょっと安心(笑)。

 しかし、中国のヨーロッパ進出も含めて、侮れませんよ!反日政治教育ほかは変だけど・・・。いやー、凄い。でも国民には光の部分もあれば、大きく影も横たわっているみたいだ。


 
このシェア自転車、アプリを登録してQRコードを読み込むと開錠されて借りられる。
    

無人コンビニでは、商品を手に取り、自分で会計、支払いは、電子決済。支払わないとアナウンスもあり、扉も閉まってでれないし、監視カメラもある。


イノベーションに向けて、突き進む中国、そのシンボルとなる街が広東省の深せん。市民の平均年齢は32.5歳。起業を目指す若者たちが、中国全土から集まってきて、拠点を構えるハイテク企業の数は8,000社以上。街の経済規模は、この10年で3倍以上に拡大。この映像を撮影しているカメラも、ここ深せんから生まれた。今では、この撮影用のドローンが世界シェア7割を占める。


世界最大手のドローンメーカー DJI 除華濱副社長(37) 「最新モデルには、障害物を検知する機能があり、何かにぶつかることはない。商品サイクルや技術革新が早い分野で、今、多くの中国企業が台頭している。我々が次から次へと新商品を打ち出すのは、競争に勝つための戦略。迅速に新商品を市場に投入することで、トップに走り続けられる。」とな!


東京大学 社会科学研究所 伊藤亜聖准教授。 「過去30年にわたる製造業の蓄積が歴史的には大事。サプライチェーンがあるだけではなくて、研究開発の時間やコストを削減する産業構造がある。下請けをやりたくない。自分たちで新しい製品を開発して、世界に売り込みたいという方々が出てきている。」


自撮り棒を使って撮られたものだが、カメラが棒を認識し、画面から自動で消去している。この製品を開発した劉靖康さん、26歳。


3年前に起業し、今では社員200人以上を抱えている。


国務院発展研究センター 馬淑萍さん。「(国有企業で)過剰生産が起きているのは、似たり寄ったりな製品ばかり作っているためだ。しかも、その結果として、中国は製造業の技術力があがってこなかった。これまで中国は、恵まれた市場に頼って発展してきたが、今は多様なニーズに応えなければいけないし、独自の技術、イノベーションが必要だ。だから中国政府は、“創新”を強調している。」


中国で今、爆発的に拡大しているのは、ゲーム市場。その規模は2兆7,000億円。去年(2016年)アメリカを抜いて世界最大となった。その市場に進出した日本の大手IT企業DeNA

現地法人の社員450人のうち、1人を除く全員が中国人。

など、など、など、など!(笑)





今日も訪問 ありがとうございます。
ランキングに参加しています。クリックして応援お願いします。


にほんブログ村  人気ブログランキング 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2画面スマホ「M Z-01K」登場... | トップ | 福岡市立城南中学校周辺の変貌 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ree)
2017-10-20 00:54:39
中国のIT関係、すごいんですね。
無人コンビニもすごいし・・・。
でも中国経済に大きくなって欲しいとは思わないです。
中国はわたしが思うに、アジア圏内で一番教育熱心な国だと思ってます。
反日教育も盛んだし(苦笑)。
娘がIBブログラムと言うのに入ってて、普通クラス、アドバンスクラス、オーナークラス、APCPクラス、そしてIBプログラムとの順なんですが、IBには中国、インド系の生徒が多いんですって。

↓違います。
3画面あるのが存在するのではなく、今のスマホで3つのアプリを開き、一つを確認してもう一つを見る、みたいな感じです。
例えばYahooで検索しながら、その情報を友達にLineで送り、もう一つで翻訳を開く、ってな感じって言えばいいのかな・・・。
Unknown (イジー)
2017-10-20 12:13:56
へぇーー 凄いですね
広東省のしんせん なんですね
今度中国人に聞いてみましょ

下請けでなく自分たちで製品を開発、、、という意気込みは
同じアジア人として嬉しくも感じられます。^0^

習近平氏は80年代に
アイオワ州のマスカティンでアメリカ人家族の元で短期間暮らされた事があり
その家族への感謝の気持ちを今も持たれてて
数年前だったでしょうか
アイオワを訪問された時にその家族と再会され
お礼を言われていた事が
ローカルニュースで大きく取り上げられたんですよ。







reeさんへ (小父さん)
2017-10-20 14:29:09
>中国のIT関係、すごいんですね。

たぶん広東省の深せんだけが抜きん出ているんだと思いますが、
上の写真で言ったら貸し自転車も無人コンビニもみんなスマホ決済してましたね。

>でも中国経済に大きくなって欲しいとは思わないです。

はっはっは、
ほとんどのPC組立も先日のホンダスーパーカブ号も中国生産だったのが、アメリカや日本に帰りつつあるんですかね。
ちょうどアメリカとメキシコの関係のように。

>アジア圏内で一番教育熱心な国だと思ってます

なんとなく感じますね。
ただ人口が13憶とか14憶とか言ってますので、数で何でも一番になってしまいますね。

>IBには中国、インド系の生徒が多いんですって。

亡くなった兄貴がしきりとインドの国の勢いのことを話していましたね。
どんどん伸びてるって!

>↓違います。

了解です。
私もコピー、貼り付けの操作を工夫していて、やっと二つの画面を使う方法がわかったところでした(笑)
イジーさんへ (小父さん)
2017-10-20 14:50:06
>広東省のしんせん なんですね

私も広東料理と(笑)、深せんの街の存在をぼんやり知っていましたが、
ハイテク企業の数は8,000社以上あるなんて想像していませんでしたね。

今、国の産業構造を鉄鋼や石炭みたいな重厚長大型からITなどのハイテクに舵をきっているようですね。

>下請けでなく自分たちで製品を開発、、、という意気込みは同じアジア人として嬉しくも感じられます。

模倣からはじまった、かっての日本と似ていますかね?(笑)

Made in ChinaからCreated In Chinaへの転換だそうです。

>アイオワ州のマスカティンでアメリカ人家族の元で短期間暮らされた事があり

そうだったんですか!
中国とアメリカは気持ちの上でも遠いようで近いんですね。

コメントを投稿

テレビ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。