小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

映画 「椿三十郎」

2007年12月02日 | 映画

 (ストーリー)深夜の社殿の中で、井坂伊織ら9人の侍が上役の汚職を暴き出そうと密談していた。意気が上がる若侍たちの前に社殿の奥から1人の浪人が現れた。粗末な身なりに口も悪く、腹が減っていると見える。しかし、話を聞くうちに、井坂は浪人に類のない頭の切れを感じ、仲間に加わって欲しいと頼む。反対する侍もいたが、井坂は三十郎と名乗るその素浪人にえもいわれぬ魅力を感じていた…。 (goo映画)

 織田裕二の「椿三十郎」を観た。コミカルで緊張感もあり、なかなか面白い。昨年「県庁の星」の織田を愉しんだが、織田のせりふのはぎれのよさ、織田の魅力が、初めての時代劇品「三十郎」でも見事に出ている。観た事はない黒澤監督、三船敏郎の「椿三十郎」印象が強いが、たぶん全く違うタッチの作品だろう。宿敵、室戸半兵衛の豊川悦司との呼吸もいい。ただ、ねちゃっとした豊川の声と侍の面構えが、最初ちょっと似合わない感じもした。クライマックスは、織田三十郎と豊川半兵衛の果し合いだ。  

  原作、山本周五郎の「日日平安」は、1965年に書き下ろされたものだが、テーマは現代そのものだと織田がテレビで語っていた。撮影裏話で、豊川は織田が殺陣のおさらい、せりふの反復をひとりで常にやって真面目さを感じたと話していたが、名演技はそういう積み重ねの裏づけもあるのか。いやはや興行成績の行方も興味深い。原作の文庫本は早速仕入れた。読み終えたら、黒澤・三船バージョンのDVDだ。

               
   三十郎、半兵衛に追い詰められてピンチ

 (訂正)織田が映画に入る前に読んだのは、脚本で「45年前に書かれたのに、そこにはいじめ・不正・汚職など現代そのものが描かれていた」という感想。原作の「日日平安」と脚本は、(菊島隆三、小国英雄、黒澤明が書いた)内容に工夫が入っていること。今回の作品は、前作品は前作のリメイクであることを追記訂正します。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岡林信康ライブ in 日比... | トップ | 知人の死に接し しみじみ「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。