小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

筆洗 「孤独な男性と女性が出会い、恋に落ちる・・・」 / 東京新聞

2016年09月18日 | コラム
 
 男性の70%、女性の59%は交際相手がいないのか!う~ん、それも大きなテーマだね。

 小父さんは、堅苦しいお話しか持ち合わせがなくて絶対に持てるタイプではないのだが、ずーずーしさからか若い女性との会話はよくしていたね~。

 下のクラーク・ゲーブルの『或る夜の出来事』スタイルかフーテンの寅さん式の当たってくだけろでいくしかないか!ん?寅さんは全部ふられて完結したんだっけ?(笑)

 
  
 

東京新聞 2016.9.18
 恋愛コメディー映画の基本構造はさほど複雑ではない。(1)孤独な男性と女性が出会い、恋に落ちる(2)勘違いによって二人の関係が冷え込む(3)誤解は解け、大団円-。フランク・キャプラ監督の「或(あ)る夜の出来事」(一九三四年)などに代表される「スクリューボール・コメディー」は大概、この構造で書かれている

▼この手の作品が、「ボーイ・ミーツ・ガール」(若い男女の出会い)形式と呼ばれるように、脚本家の腕の見せどころは二人をどうやって出会わせるかである

▼バスで隣り合わせになる。女性の車が故障し、やって来た男が手を貸す。ベンチで眠る王女を偶然、見かけた新聞記者が介抱し…。出会い。それがなければ物語は始まらぬ

▼「ボーイ・ミーツ・ガール」の脚本家を悩ませる世の中かもしれぬ。十八~三十四歳の未婚者を対象にした最近の調査によると、男性の70%、女性の59%は交際相手がいないそうだ

▼時代の変化、交際や結婚に二の足を踏みたくなる懐事情もあろう。少子化や人口減を持ち出して若いお方を責める気など、毛頭ないが、出会いの足らぬ世の中であれば、それは寂しい

▼<思い切ってなんでも言ったらいいさ、惚(ほ)れてますとか、好きですとか>(「男はつらいよ 寅次郎子守唄」)。あまり当てにはならぬが、柴又の寅さんによると結局、それしか手はないらしい。<できるか、青年>。


  
  

      00073 ~或る夜の出来事(2010.03.16)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経世済民術「議員につける薬... | トップ | 民間に広がる「シニア割引」 ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クローデット・コルベール (FUSA)
2016-09-19 10:56:33
懐かしいですね~ 往年の名女優 クローデット・コルベール!
と言ってもスクリーンで見たことはなく、中学生の頃、NHKでさかんにクラシック映画を放送していましたのでよく見かけたものです。なかでもこのフランク・キャプラの「或る夜の出来事」とジョン・フォードの「モホークの太鼓」が特に印象深いですね。
ところで、私は小さい頃から自他ともに認める引っ込み思案でしたが、なぜか好きになった人へアプローチするのはあまりためらわなかったですね。フラれて当たり前と思っていましたから。今の子たちはフラれるのが怖くて告白できないという話をよく聞きます)^o^(
FUSAさんへ (小父さん)
2016-09-19 16:53:43
うわー、クローデット・コルベールなんてよくご存知ですね。
検索したら1903年生まれとは!
私の親父さんの三つ下ですね(笑)

だけどこの映画は面白そうですね。
1934年の作品でアカデミー主演女優賞 受賞だとか。

>なぜか好きになった人へアプローチするのはあまりためらわなかったですね。

はっはっは、私も子供っぽかったから平気で近づいていったしたようです。

>フラれて当たり前と思っていましたから。

そうかフラれるほどの回数を経ませんでしたね(笑)

>今の子たちはフラれるのが怖くて告白できないという話をよく聞きます)^o^(

う~ん、プレイボーイとプレイガールだけが(表現が古いでしょうか)適当に遊んでいるんですかね。

あ~、ストーカーちゃら盗撮なんて変な犯罪が流行るのも上記と関係あるんでしょうか?(爆)
Unknown (shinkai)
2016-09-20 13:57:04
こんにちは!

やぁ、これは懐かしい映画の、懐かしい場面ですねぇ!!
これは良く覚えていますし、もうひとつよく覚えている場面は、
安宿の一部屋に一緒に泊まってベッドがひとつ、というのに、真ん中に紐を引いてカーテンを垂らして分ける、と言うのがありましたっけ。

お金持ちのお嬢さんで、結局父親がクラーク・ゲーブルを気に入って結婚する、と言うような結末だったと。

彼女の顔はよく覚えているのですが、他にも見た映画、TV放映ですけど、もありそうなのですが、さっと出てきませんから、これが一番のヒット作だったのかもしれませんね。


上の「シニア割引」で、小父さんがジムで張り切りすぎて体調を壊した、というのに笑いました、ははは。
小父さんは、せっかちで、「全部、即」というタイプなんでしょうねぇ!

折角お近くに安いトレーニング場があるのなら、気長に長く細々とでも継続される方が、絶対体に良い筈ですよね。

それに自治体からほんのちょっぴりのお祝いを貰うよりも、元気で長生きする為の施設に使ってもらった方が、断然良いですよね。

体力温存して、元気でしゃっきり長生きいたしましょう!
shinkaiさんへ (小父さん)
2016-09-20 18:19:49
クローデット・コルベールをご存知なんですね!
私はこの記事で初めて知りました。

上のYouTube 2:35 と出ていたので「これは全編見れるかな」なんて喜んで昨日見ていたら2分35秒の勘違いでした(笑)

>真ん中に紐を引いてカーテンを垂らして分ける、と言うのがありましたっけ。

こんなユーモアは古くから発達しているんですね。
私にはテンポが実に合うんですが・・・。
年をとったってことでしょうか?(笑)

>結局父親がクラーク・ゲーブルを気に入って結婚する、

ますます面白そうですね。

ジャック・レモンとシャーリー・マクレーンの『アパートの鍵貸します』を思い出します。
この作品より26年も前に作られたとは歴史を感じますね。

体調を壊した主原因はバイクレッスンです。
私は室内自転車の乗り方を教えてくれるのかと勘違いして講師の一番前の自転車に乗っていたんですね。

はじめは基本的なところから始まって、「ハイ、立ち上がって少し強めに漕ぎましょう」「では、全速力でー!!!」「今度は立ったままお尻を後ろに引いて・・・」「ハイ、全速力でー」てなものです。
もう膝が壊れるかと思いました。

サドルに座って漕いでも、もう息たえだえ。
ふらふらなのに、それが終わって、自分のノルマだと思いランニングマシーン?を15%の坂にして1km歩いたと思います。

それから2日くらいは完全に伸びていましたね。完全回復まで3~4日かかったと思います。
まあ運動音痴はこんなものですよ(笑)

>気長に長く細々とでも継続される方が、絶対体に良い筈ですよね。

家内からも別のジムに通っている知人からも全く同じことを言われました(汗)

>それに自治体からほんのちょっぴりのお祝いを貰うよりも、

そうですね。
でもジムに行って、自分の体の硬さが本当によく分かりましたね。

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。