小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

秋色のコラム / 余録 「4分33秒」は米国のジョン・ケージ作曲の… / 毎日新聞

2016年10月16日 | コラム
写真は森の水の郷あきたから     
   
 
  このコラム、最も秋にふさわしいテーマだと思って飛びつき、たくさんリンクもつけたが、最後に終わりのYouTubeをつけて動画を見終わってから、何が何だかさっぱりわからなくなってしまった(笑)。毎日新聞の論説委員?さん、もっとシンプルな分かり易いコラムがいいですよ!たくさん言いたいことがこの文章には含まれているのでしょうが・・・。

 一晩開けて考えていたら「4分33秒」は修飾語みたいなものだったんですね。このことが一般化していたら(私にも予備知識があったら)すーっと読めたんですね(笑)。

 
  
 

余録 「4分33秒」は米国のジョン・ケージ作曲の…

毎日新聞 2016年10月16日
「4分33秒」は米国のジョン・ケージ作曲の最も名高い現代音楽である。表題の時間、演奏者が何も演奏しないという作品で、発表当時論争の的になったのはいうまでもない。

その前衛音楽の旗手ケージはキノコの研究家としても有名だった

▲ニューヨーク菌類学会の最初の会員の一人でもある彼は、来日した折に日本の菌類学者に「キノコ好きの音楽家は珍しい」といわれ、こう答えた。「手元の百科事典を見てください。マッシュルーム(mushroom)とミュージック(music)は隣り合わせです

▲そのケージにして「キノコに詳しいというのは無駄なこと、キノコは人間の知識や分類を裏切りますから」だそうな。そしてふだんは火を通して食べていたキノコを生で食べて中毒になり、12時間も苦しんだ体験を明かしている( 飯沢耕太郎(いいざわこうたろう)著「きのこ文学大全」

▲先月の雨の多さのおかげか、この秋はキノコの生育がいいらしい。各地から毒キノコによる中毒のニュースが相次いで伝えられる。ヒラタケと間違えてツキヨタケ、シメジと間違えてクサウラベニタケを食べたケースなどが報じられたが、慣れた人も間違うのである

色や裂け方による手軽な毒キノコの見分け方はみな迷信という。つまりは素人は手を出さずに観察して楽しむのがいい。一方でキノコ採りに山に入った人の遭難や、クマとの遭遇が多いのもキノコの当たり年のせいか。ことクマのエサのドングリは不作のようである

「誰が叫ぶ声の木玉(こだま)に鳥鳴きて奥山淋し木の子狩る頃」 は正岡子規(まさおかしき)の連作「 菌狩(たけがり) 」 の一首である。深まる秋の山の音とキノコのセッションというべきか。


  
    

トリビアの泉 「4分33秒間、全く演奏しない曲がある」
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋色撮りレッスン 5 (松方... | トップ | 秋色撮りレッスン 6 (公園) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
へー (はちきんイジー)
2016-10-17 16:19:44
けいちゃんのおきにいりのピアノ曲になりますね。
以前大学のアートショーに行った時の作品に
見る人達がどのような反響をもつか、、で
その作品を創っていく、っていうのですか それと似たものを感じます。
はちきんイジーさんへ (小父さん)
2016-10-17 21:14:49
>けいちゃんのおきにいりのピアノ曲になりますね。

え~っ!
「4分33秒」のことですか?
これって動画を見たらピアニストがピアノの前に座って、確かピアノの鍵盤の蓋をあけて4分33秒経過したら蓋を閉じるんですよ。

それがオーケストラでもいいそうです。一音も出しません(笑)

>見る人達がどのような反響をもつか、、でその作品を創っていく、っていうのですか それと似たものを感じます。

こちらの方が面白そうです。

アメリカ合衆国出身の音楽家、作曲家、詩人、思想家、キノコ研究家のジョン・ケージ(1912.9.5~1992.8.12)は、実験音楽家として、前衛芸術全体に影響を与えている。独特の音楽論や表現によって、音楽の定義をひろげた。「沈黙」をも含めたさまざまな素材を作品や演奏に用いており、代表的な作品に『4分33秒』がある。~wiki だそうです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。