小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

最年少20歳で冒険家グランドスラム達成 南谷さんが会見 / NHK

2017年04月19日 | ニュース
 
 冒険家の植村直己さんや、田部井淳子さんなんかには驚かされていたけど、南米のアコンカグアに一昨年登った(18歳?)のを皮切りにもう地球全体を制覇した!!!って笑顔で20歳の学生さんが語るか~。

 装備はどんどん進化改良はされているんだろうが、どれもこれも命がけだよね。小父さんが高校生くらいだったら憧れるかもしれないけど、娘や孫だっら「行くな~!」って言うんじゃーないだろうか?(笑)。これも時代の移り変わりなんだろう。

 次は海だそうだ。それが終わったら宇宙かな?(笑)。呉々も事故を起こさないように頑張って下さい。マッキンリーで遭難した植村直己さんだって細心の準備と注意を払っていたと思うんだが・・・。

 
  

 
最年少20歳で冒険家グランドスラム達成 南谷さんが会見

 NHK NEWSWEB(記者会見の動画あり) 4月19日 17時02分

 北極点と南極点、それに世界7大陸の最高峰のすべてを制覇する「エクスプローラーズ・グランドスラム」を日本人として初めて達成した20歳の南谷真鈴さんが19日に都内で記者会見を行い、「地球ってなんて美しいんだろうと感じた」と冒険を振り返りました。

 「エクスプローラーズ・グランドスラム」を達成したのは早稲田大学の学生で冒険家の南谷真鈴さんです。南谷さんは、おととしの1月からこの記録への挑戦を始め、去年5月に19歳で世界最高峰のエベレストへの登頂に成功するなど、7月までに7大陸の最高峰すべてを日本人最年少で制覇しました。

 そして今月には、北緯89度地点から氷河づたいにスキーで120キロ余りを移動し、今月12日に北極点に到達したということです。
これで南谷さんは、日本人として初めて7大陸の最高峰と南極点、それに北極点のすべてを制覇しました。南谷さんの記録達成は史上53人目、20歳での到達は最年少の記録だということです。

 18日に帰国した南谷さんは19日、都内で会見を開き、達成の瞬間について、「多くの感動と感激があり、地球ってなんて美しいんだろうと感じました。それと同時に、達成したことでようやく家に帰ってベッドで寝ることができる、というほっとした思いもありました」と振り返りました。

 北極点を目指す過程では、氷点下35度の厳しい寒さに見舞われ、最初6人いたグループの中から凍傷や疲れから2人が脱落したということです。また、ホッキョクグマが荷物をあさっていてパニックになることもあったということですが「つらいときもありましたが、自分の今までの熱意があったからこそ前に進ませてくれたと思います」と笑顔で話していました。

 そして世界最年少での「エクスプローラーズ・グランドスラム」達成については「記録を狙っていたわけではなく結果的に最年少だったというだけですが、私が記録を達成した姿を見てほかの若い人や学生が前向きになって自分の夢に向かうことにつながればいいと思う」と話していました。

 南谷さんは、今後は海での冒険を視野に活動するということです。

7大陸最高峰と制覇時

 南谷さんが制覇した7大陸最高峰とはユーラシア大陸をアジアとヨーロッパに分けたうえでの各大陸の最高峰です。

 いちばん最初は南アメリカ大陸、アルゼンチンの6959メートル、「アコンカグア」でおととし1月に登頂しました。
おととし8月にはアフリカ大陸のタンザニアにある5895メートルの「キリマンジャロ」、12月にはオーストラリア大陸の2228メートルの「コジオスコ」に登頂しました。
さらに同じ12月に南極大陸の最高峰、4892メートルの「ビンソンマシフ」に登頂したうえ、続けて翌1月には南極点にも到達しました。
その後、去年3月にヨーロッパ大陸の最高峰、ロシアにある5642メートルの「エルブルス」に登頂しました。

 そして、去年5月、アジア大陸の最高峰、ネパールと中国にまたがる8848メートルの世界最高峰で、チョモランマやサガルマタとも呼ばれる「エベレスト」の登頂に成功しました。南谷さんは当時19歳で日本人としては最年少の登頂でした。

 さらに去年7月には北アメリカ大陸のアラスカにあり、長くマッキンリーと呼ばれてきた6194メートルの「デナリ」に登頂して7大陸の最高峰を制覇し、「エクスプローラーズ・グランドスラム」に向けては北極点を残すのみとなっていました。


  
      

 南谷真鈴 公式サイトはこちらMarin Minamiya Official Site: Marin Minamiya   
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 盗難の金塊、実はレプリカ ... | トップ | 東芝半導体入札 鴻海提案「米... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ree)
2017-04-20 04:06:43
すごいパワーですよね。
私だって娘だったら・・・いや息子でも反対しますよ。
その前に2人ともそんな勇気はないと思います。

もしかしたら彼女の父親が冒険家だったかもしれないですね。
自分が果たせなかった夢を・・・とか。
Unknown (はちきんイジー)
2017-04-20 08:39:58
変わりない日々に 疑問を持つのはこの年齢には多いでしょうが
こうして行動に出る事ってなかなか出来ないですよね。

沢山の人に助けられた、、、と言う言葉が心地良く響きます

これからが楽しみですね

お孫さんの成長に 驚きました
柔道をされているとのこと
きっと小父さんも嬉しい事でしょうね

reeさんへ (小父さん)
2017-04-21 00:39:16
>すごいパワーですよね。

2006年、北海道日本ハムファイターズが日本シリーズで日本一になった時に、トレイ・ヒルマン監督がお立ち台で発言した「シンジラレナーイ」に該当します(笑)

>私だって娘だったら・・・いや息子でも反対しますよ。

そうでしょ!
北極、南極でも7大陸最高峰でもいつ死んでも不思議じゃないですよね。

>その前に2人ともそんな勇気はないと思います。

はっはっは、私に勿論ありません。

>もしかしたら彼女の父親が冒険家だったかもしれないですね。

検索したけど分かりませんでした(笑)
ひとつ知ったことはエベレストの入山料が120万円で登山費用が500万円とネットブログに書いてありました(笑)
はちきんイジーさんへ (小父さん)
2017-04-21 00:50:57
>変わりない日々に 疑問を持つのはこの年齢には多いでしょうが

なるほど。
明治維新なんて革命も若者がやっていますよね

>こうして行動に出る事ってなかなか出来ないですよね。

1960年、1970年の全学連リーダーもそんな年代でした。
へへへ、イスラミック・ステートもそうか!

>沢山の人に助けられた、、、と言う言葉が心地良く響きます

その気持ちはとても大切ですね。

こんな記事を見つけました。
「2015年3月8日に八ヶ岳連峰・阿弥陀岳(標高2805m)で女子高生が滑落して行方不明となった。翌日、助けを求める女子高生の姿が発見されて無事救助された。滑落後も無傷で雪崩や天候を考えると奇跡的な生還だった。この時の女子高生が南谷真鈴である。」

孫は山には登って欲しくないです(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。