小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

ノーベル文学賞にボブ・ディラン氏 / NHK NEWSWEB

2016年10月13日 | ニュース
  
いいね!
小父さんは青春期にボブ・ディラン氏(75歳)の歌に心酔していたわけでもなければ顔も知らなかったと思う。だけどビートルズや加山雄三全盛の時代にギターを一生懸命つま弾いていた頃、どこからともなく下のBlowing In The Wind (風に吹かれて)のメロデイーが頭の中に入って来てコード付きの楽譜を見ながら口ずさんでいたものだ。

 きっと 吉田拓郎氏(70歳)も 井上陽水氏(68歳)も喜んでいると思うよ。ご両人は小父さんの1歳上と1歳下。小父さん世代の青春の「音」だ。高齢者バンザイ(爆)


  
 

NHK NEWSWEB 10月13日 20時03分ことしのノーベル文学賞に、アメリカのシンガーソングライターのボブ・ディラン氏が選ばれました。

Blowing In The Wind (Live On TV, March 1963)



スウェーデンのストックホルムにある選考委員会は、日本時間の13日午後8時すぎ、ことしのノーベル文学賞の受賞者にアメリカの歌の伝統に新たな詩的表現を生み出したとして、アメリカのシンガーソングライター、ボブ・ディラン氏を選んだと発表しました。

ボブ・ディラン氏は、1941年アメリカ中西部のミネソタ州で生まれ、ことしで75歳です。1962年にレコードデビューし、代表作の1つ、「風に吹かれて」は黒人に対する人種差別の解消を目指した公民権運動やベトナム戦争を背景に当時の体制に反対する歌として若者を中心に人気を集めました。
ディランさんは50年に及ぶ長い音楽生活でアメリカの音楽界でもっとも権威があるとされるグラミー賞や、アカデミー賞など数々の賞を受賞しています。また、2008年には「すばらしい詩の力で音楽界とアメリカ文化に大きな影響を与えた」としてすぐれた音楽や文学、報道などに贈られるピューリッツァー賞の特別賞を受賞していました。


  Like a Rolling Stone - Bob Dylan
 


  Mr. Tambourine Man (Live at the Newport Folk Festival. 1964)

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋色スマホ撮り  (クリーン... | トップ | お寿司「シャリ残し」問題の解... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お祝い! (ろこ)
2016-10-13 22:42:24
お祝いしたいですね。
 ノーベル賞の選考委員はいいセンスしています。
 ノーベル文学賞ですからね。
 ボブ・ディランの詩は世界を席巻しましたからね。
 あの時代の若者を突き動かし、世界を動かした吟遊詩人に祝杯の盃を掲げましょう!!!
Unknown (ree)
2016-10-14 01:37:05
私もYahooで見ましたが、実は名前を知っているだけなんです(笑)。
そんなにすごい方だったんですね~。
おはようございます (ひより)
2016-10-14 07:21:16
お名前すら知らない方でした

Blowing In The Wind 聴いてみましたよー!
ギターで弾き語りしやすそうな曲ですね。すっと入って来るような素敵な曲でした。おめでとうございます
ノーベル賞といえば、先日、ノーベル生理学医学賞を東京工業大学教授が受賞されましたね。甥っ子の学校の教授なのですが、パーキンソン病の特効薬がいつか開発されるであろう発見に涙が出て来ました。

この方を含め、ノーベル賞の重みを感じています。

えっ?
吉田拓郎ってもう70歳なのですかお若く見えますね。
えーっ、井上陽水も68歳ですか。いつまでも変わらぬ歌声、きちんとボイストレーニング行ってるのでしょうね。素晴らしい方だなと思います。
継続は力なりと言いますが、継続する事は並大抵の努力ではできませんね。私のブログが正にそうです更新しなくちゃ

下の記事、
小父さんとその80代の男性との漫才(失礼しました)ではなかった、そのお話に加わりたいです。
きっと大爆笑しちゃって草取りどころじゃなくなるでしようね。楽しそうです
知りませんでした (はちきんイジー)
2016-10-14 09:58:50
ボブディランが芸術家におくられる
ケネディーセンターである名誉賞に出ておられたある年
ブッシュ(息子)大統領の年だったんですが
大統領がステージに出られるや
皆 立ち上がり敬意を示す中
一人 座ったままおられたのが印象に強く残っています。
ろこさんへ (小父さん)
2016-10-14 22:23:18
いやー、なんだか理屈抜きに嬉しかったですね。

私がボブディランの映像を観たり聞いたりしたのは、世帯を持って主にナツメロ的BS番組だったような気がします。

それと6年くらい前かwowowのグラミー賞授賞式のゲストでMaggie's Farm というのを唄ったのをコンデジで撮って
YouTubeでアップしたら視聴回数が伸びるは伸びる(笑)

どこかの誰かが違法ダウンロードで逮捕なんてニュースを読んであわてて削除したものです(笑)

ガロの「学生街の喫茶店」の詩にも♪片隅で聴いてたボブディラン~♪
なんて入ってましたよね。
知らず知らずの内に名前やメロディーが体に入ってきたものです。

先ほど山上路夫氏(80歳)が♪「瀬戸の花嫁」 にもプロテストソング的に書いたんだと言ってましたが面白いです。
reeさんへ (小父さん)
2016-10-14 22:37:10
>私もYahooで見ましたが、実は名前を知っているだけなんです(笑)。

ありゃ!そうでしたか!
NHKニュースは12時に19時に21時にも大きく取り上げていましたよ。

来日時のインタビューで
質問「フォークの神様と呼ばれていますが・・・?」とインタビュアーが聞いたら
答え「私は神様なんかじゃない、普通の人間だ」みたな答えを出していました。

そうそう、今日ラスベガスで彼の公演があったらしいですが、終わって出て来た観客が「ノーベル賞のことは一言も言わなかったよ」って言ってました。
クールなんですね。

>そんなにすごい方だったんですね~。

ミーハーの私がすぐに飛びつきましたが、今日の毎日新聞も一面トップがボブ・ディランさんノーブル賞で5分の4くらいを占め、その左側にプミポン・タイ国王死去 88歳と載せていました。

想像以上の反響です。
ひよりさんへ (小父さん)
2016-10-14 23:04:59
こんばんは

>お名前すら知らない方でした

そうでしたか!

Blowing In The Wind (風に吹かれて)は訳詩で日本のたくさんの歌手もギターを抱えてカヴァーしてますよ。
私の青春時代もそれしか知りません。

>ギターで弾き語りしやすそうな曲ですね。

コードを見たら、こりゃ簡単
         ↓
http://www.ufret.jp/song.php?data=4189

ギターコードのビギナー中のビギナー用ですね。
流行ったひとつの理由もそれでしょう。

>ノーベル賞といえば、先日、ノーベル生理学医学賞を東京工業大学教授が受賞されましたね。

私はオートファジーを理解するのに余裕がある時しかちゃんとテレビ観れないだろうと思って、DVDのクローズアップ現代プラスを置いていたんですよ。

つい先ほど拝見しました。
パーキンソン病の特効薬のことは受賞決定直後に聞きひよりさんのお父上のことを思い出していました。

いや、ノーベル賞の受賞前と受賞後では世界が一変しますね。
大隅良典栄誉教授への日本国内外でのご活躍をお祈りしましょう。

政府は経済ばかりに目を向けないで大隅教授の説かれている基礎科学にたくさんの予算つけること!!!

吉田拓郎よりも、井上陽水よりも私も若々しいと言われたい!(爆)

>私のブログが正にそうです更新しなくちゃ

私はよくしんどくなりますが、遊んでいますよ。
毎日更新が目標ですが、見たらわかるように「あっ、今日は手を抜いてるな」と思わせる日の方が多いです。

毎日更新は「好き者」です(笑)

>きっと大爆笑しちゃって草取りどころじゃなくなるでしようね。

この会話はからかいあって、周りを笑わせよう笑わせようとしているだけです。
二人だけだとほとんどふざけません
はちきんイジーさんへ (小父さん)
2016-10-14 23:13:10
>知りませんでした

そうでしたか!
だってイジーさんの忙しさには感心しますもの。

>大統領がステージに出られるや皆 立ち上がり敬意を示す中一人 座ったままおられたのが印象に強く残っています。

はっはっは、それがボブ・ディラン流なんですね。

上にも書きましたがラスベガスで受賞決定後の最初のステージが今日あったらしいですが
ノーベル賞の話は一言もなかったそうです。

受賞拒否じゃーないでしょうね!?(笑)

でも、ステージを観た人たちが会場から出てきて「素晴らしいステージだった」「あれでこそボブ・ディラン」みたいなことを話していました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。