小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』(The Three Musketeers 2011年 独、仏、英)

2016年12月28日 | テレビ
 
  昨日のBSプレミアムの放映分。いやー痛快のなんのって!小父さん的にはショーンコネリーの007みたいだった(ちょっと古すぎ? 笑)

 そもそも三銃士を知らないし、古いフランスと英国の戦いのことも知らない。なぜか、そこにヴェネチアの名前も出てくる。もちろん小父さんは字幕を見ているのだが、会話はすべて英語!?

 でも面白い。奇想天外なスクリーンの世界だが、どうも3Dで撮られているらしい。劇場で3Dグラスをつけて観るともっと楽しめただろうね。典型的な娯楽作品なんだろうが、ときどきひやひやもした(笑)

 
  
 

 あらすじ~MIHOシネマから転載

 17世紀初頭。アンリ4世の暗殺により、若いルイ13世が王位を継承したフランスでは、リシュリュー枢機卿(クリストフ・ヴァルツ)が、権力の座を虎視眈々と狙っていた。その頃ヴェネチアでは三銃士のアトス(マシュー・マクファディン)、ポルトス(レイ・スティーヴンソン)、アラミス(ルーク・エヴァンス)が、アトスの恋人ミレディ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)のと共に、レオナルド・ダ・ヴィンチが設計したというからくり仕掛けだらけの蔵から、ある兵器の設計図を盗み出す。しかしミレディは三銃士を裏切り、そこへ現れた敵国イギリスのバッキンガム公爵(オーランド・ブルーム)と結託する。

 それから1年後。憧れの銃士になるため修行を積み、フランス南部からパリに向かった青年ダルタニアン(ローガン・ラーマン)は、立ち寄った休憩所で眼帯の男から侮辱を受ける。彼はパリに着くとトラブルに巻き込まれ、成り行きから三銃士のアトス、ポルトス、アラミスに次々と鉢合わせとなり、それぞれ1時間おきに決闘を申し込む。しかし決闘の手前で役人の護衛兵が入り、そこに再び眼帯の男が登場する。男はリシュリュー枢機卿の部下、ロシュフォール(マッツ・ミケルセン)だった。ダルタニアンと三銃士は協力して戦い、護衛兵たちを見事に打ち負かす。

 そしてダルタニアンは、戦いを見守っていたアンヌ王妃(ジュノー・テンプル)の侍女コンスタンス(ガブリエラ・ワイルド)と出会う。宮殿上空にはヴェネチアで奪われた設計図により建造された、バッキンガム公の飛行船が浮かんでおり、そこではバッキンガム公とリシュリューによる会談が行われていた。その間にミレディは王妃のダイヤモンドの首飾りを盗み出す。彼女はリシュリュー傘下の二重スパイであり、バッキンガム公の宝物庫に奪った首飾りを身に付けなければならない。王妃の危機を知ったコンスタンスから援護を要請されたダルタニアンは、首飾りの奪回を目的に三銃士と共に旅立った。


  
    

 映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』予告編


The Three Musketeers - 'Slay Them' Clip #1
    





今日も訪問 ありがとうございます。
ランキングに参加しています。クリックして応援お願いします。


にほんブログ村  人気ブログランキング 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特集ワイド / 伝統行事がピン... | トップ | 築地場外市場 / 例年と変わら... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ree)
2016-12-29 03:58:11
三銃士の映画ってアニメでも何個かありますが、実写版ではこれが一番面白いんですよね~。
ルーク・エヴァンスは『ホビット』(ロード・オブ・ザ・リングのシリーズではなく、その物語の始まりを描いたもの)にも出ていますが、いい味の役者さんです。
ニコは彼が出てる『美女と野獣』を観たいって言ってるんですが、なかなかテレビでもやらず、まだ観れてません。
面白三銃士 (もののはじめのiina)
2016-12-29 11:04:12
面白い三銃士でした。^^

4年前に映画館で見ていますが、2本立てでしたから、すこし古い作品だったのだと思います。

reeさんへ (小父さん)
2016-12-29 22:40:19
>実写版ではこれが一番面白いんですよね~。

あっ、この映画ご存知でしたか!!!
それは嬉しいです。

ルーク・エヴァンスってアラミス役で出ていますね。
私は誰がだれやら?分からず観てました(笑)

あれ?wikiによると美女と野獣(Beauty and the Beast)のガストン役の映画は2017年の公開になってますよ!
これとは違うんですかね?
もののはじめのiinaさんへ (小父さん)
2016-12-29 22:46:39
>面白い三銃士でした。^^

徹底した娯楽作品ですね。
これを三国の合作で作って3D作品にしたというんですから面白いです。

きっと独仏はその国の言葉に吹き替えでしょうね(笑)

2011年の制作になっていますから、年代が合いますね。

映画のことお詳しいですね。

コメントを投稿

テレビ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。