小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

高丘コミセン 高齢者大学研修旅行 「美山かやぶきの里」 京都

2017年06月14日 | コミュニティセンター
    
※雪が多かったため上げ庭(外より一段高い土間)になっている。  



美山かやぶきの里の位置図   


茅の葺き替えは、一部を葺き替える部分葺き。かつては50年持った屋根が、
中で火を焚かなくなったため、 屋根の南面は20年強、北面は15年ほどしか持たない。








京都府南丹市美山町北村、この地区の約50戸(住民100人)のうち、住宅32棟、民俗資料館や店舗など6棟が茅葺き屋根の建築。 後ろに北山杉の見事な林を抱えた美しい山、その手前に点在する茅葺きの民家、前に広がる水田、そして前に流れる由良川、 この日本の原風景とも言える景観を形作るすべてのものが、
平成5年12月に国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を受けた。(全日本通訳案内士連盟の河野久美子さんのレポートから抜粋)


「ぶらり歩こう会」運営トリオ

  
  「美山かやぶきの里」とはいったいどこなんだろう?と思って貸切バスに揺られて行ったが、今地図で確認すると、もう日本海の方が近かったんだ。バスガイドさんが、繰り返しこの高速道を1時間強走ると天橋立です」と言ってた意味が分かった。

 かやぶきの里のガイドさんによると、岐阜県高山市の白川郷よりも小型の家屋で白川郷が男性的ならば美山かやぶきの里は女性的だという説明もあった。

 夜になるとホタルも舞うらしいが、そんな光景にも接したいものだ。今日の行程は、西国21番札所の穴太寺美山路酒の館~美山かやぶきの里の三か所で約9時間の旅行だった。




今日も訪問 ありがとうございます。
ランキングに参加しています。クリックして応援お願いします。


にほんブログ村  人気ブログランキング 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 余録 列島が梅雨空に覆われ... | トップ | 英ロンドンの高層住宅火災、... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ひより)
2017-06-15 00:25:17
明石から150キロくらい走られたのでしょうか!

福井県に近いですねー!
日本には、まだこんなに素敵なところがあるのですね

ここなら、ホタルも嫌という程見られそうですね行ってみたいです〜。
Unknown (shinkai)
2017-06-15 13:20:12
こんにちは! お久し振りです。
お邪魔しているのですが、なかなかコメントをさせて頂く気持ちの余裕なくバタバタしており、済みません。

ですが、小父さん、今回の写真、素晴らしいですねぇ!!
思わず、これは書かせて頂かないと、と思いましたです。

写真の腰が据わっている、というのか、ぴちっと狙いが決まって、そしてとても色も美しく、綺麗です!
「美山かやぶきの里」のご案内としても、立派ですよね。
いよいよに、ちょっと一つ抜けられたのではないでしょうか、と拝見します。

初夏のお出かけ、また楽しみにしていますので、頑張って下さいね。




ひよりさんへ (小父さん)
2017-06-15 16:14:17
こんにちは

>明石から150キロくらい走られたのでしょうか!

いい加減なことを書けないので初めての体験でgoogle地図の距離測定してみました。
へ~っ!片道188kmです。
バスの運転手さんて凄いです。
毎日、毎日こうして走っているんでしょうね。

東隣が琵琶湖を挟んで滋賀県でその東が岐阜県、その北が福井ですね。

>日本には、まだこんなに素敵なところがあるのですね

なんか不思議です。
街灯も豆電気だとかで夜は真っ暗です。

犯罪防止は大丈夫だろうか?なんて想像します。
反対に平和な日本だからこんなことが出来るのかも知れませんね!

>ここなら、ホタルも嫌という程見られそうですね行ってみたいです〜。

蛍鑑賞イベントでは、「かえるの唄と木の香り、竹灯篭のほのかな灯りに包まれて、満天の星空とほたるのきらめきが真っ暗な川面に反射する。幻想的な山里の美と静寂を感じてみませんか?」と書いてあります。
保証はしませんよ!(笑)
shinkaiさんへ (小父さん)
2017-06-15 16:42:33
こんにちは

こちらこそご無沙汰しています。

私も細々とブログを更新することが精一杯で残りのエネルギーが極めて乏しくなっていまして・・・(笑)。

>ですが、小父さん、今回の写真、素晴らしいですねぇ!!

うわっ、その一言で元気が出てきます。
実は、明日がその教室で、さーて、また適当にプリントして頭を掻いておくか、なんて思っていたところです。

本当に正直、撮れば撮るほど良いのか、悪いのか分からなくなってきます。

そして100枚強の写真を、果たしてブログにどれを載せようかと夕べも考えこんでおりました(笑)

>思わず、これは書かせて頂かないと、と思いましたです。

いやー、本当にありがたいです。
shinkaiさんに誉めていただければ、教室で何と言われたって「ああ、そうですか」で済みます。
自信なげに持って言ってけなされたらへこむものです!(笑)

>写真の腰が据わっている、というのか、ぴちっと狙いが決まって、そしてとても色も美しく、綺麗です!

この言葉だけでも大きなヒントになります。
実は最近三脚ならぬ一脚を買ったんですよ。
ところが昨日も集合時間に遅れると思って飛び出して行き、一脚を忘れてしまいました。

上の写真は多分傾き補正と、天候が素晴らしかった影響もあると思います。

>「美山かやぶきの里」のご案内としても、立派ですよね。

コピペですよ(汗)

そうですね、最近茶色の字の私の言葉を書くエネルギーもなくって、ツイッターみたいな感じで終わることが多いです。

テーマによってはいくらでも書けますが(爆)

>いよいよに、ちょっと一つ抜けられたのではないでしょうか、と拝見します。

そうですか、私の紹介で教室に入った一人も腕は私より上だし、技術では落ち込む一方なんですが、
持前のずーずーしさで皆さんと話するのは平気になってきました!

>初夏のお出かけ、また楽しみにしていますので、頑張って下さいね。

ありがとうございます。
九州に帰るつもりにしています!
Unknown (はちきんイジー)
2017-06-15 22:56:05
京都にこんな所があるんですね。

5番目の写真  いいですね
吸い込まれるようです。
はちきんイジーさんへ (小父さん)
2017-06-16 14:47:34
>京都にこんな所があるんですね。

私もまったく知りませんでした。
バスガイイドさんが、「向こうは保津川下りで~す。前方に比叡山が見えてきました~」なんて説明してたらいつの間にか、山の中に着いていました。

>5番目の写真いいですね吸い込まれるようです。

うわっ、有難うございます。
今晩は写真教室なので2Lサイズに伸ばして持っていくことにします。

コメントを投稿

コミュニティセンター」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。