小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

映画『ジャージー・ボーイズ』 (Meet the Jersey Boys 2014年 米)

2017年07月11日 | 映画
解説
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」と、そのリードボーカルを務めたフランキー・バリの代表曲として知られる「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」の誕生秘話を描いたドラマ。2006年トニー賞でミュージカル作品賞を含む4部門を受賞した、人気ブロードウェイミュージカルを映画化した。アメリカ東部ニュージャージー州の貧しい町に生まれた4人の若者たち。金もコネもない者が町から逃げ出すには、軍隊に入るかギャングになるしかなかったが、彼らには類まれな美声と曲作りの才能があった。4人は息の合った完璧なハーモニーを武器に、スターダムを駆けあがっていく。ミュージカル版にも主演し、トニー賞でミュージカル男優賞を受賞したジョン・ロイド・ヤングが、映画版でも主演を務めた。~ 映画.com
 
  
  BSプレミアムで久々にオールディーズ (Oldies) を楽しんだ!最初に親しみを感じたのは1962年の彼らの大ヒット曲『シェリー』は、小父さんはダニー飯田とパラダイス・キング(坂本九さんも居た)の九重佑三子の声で覚えたものだ。ビートルズ以前のポップスってこんなリズムでこんなステップで奏でられていたよね。小父さんが15~16歳の頃のアメリンポップスって皆、日本語の詩がつけられて日本人歌手が唄い、ポップスのヒットパレードなんてやっていた。

 クリント・イーストウッド監督は素魅せる映画を作るね!この映画の製作総指揮は、ザ・フォー・シーズンズのリードボーカルを務めていたフランキー・バリが執っているんだって!



 映画『ジャージー・ボーイズ』特別映像「Meet the Jersey Boys」2014年9月27日公開



 Sherry / Oh What A Night !
 
 
 フィナーレの映像 だな。オールディーズ系のライブハウスKENTO'Sに行くとみんな服も踊りもこんなだね。残念ながら小父さんは観てるだけ(笑)
 
     




ランキングに参加しています。クリックして応援お願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春秋 / 「私をスキーに連れて... | トップ | 人生相談 自由奔放をやめる... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はちきんイジー)
2017-07-12 03:28:47
これは ブロードウェイ版もあって
ベガスに行った時 やってたんですけど
観なかったです

映画もあったんですね

シェリーは私も メロディーなら頭にあります
Unknown (ree)
2017-07-12 05:03:38
キャストの中のスティーヴ、ドラマでマフィアだった人です!!
「ソプラノ」ってドラマで結構面白かったですよ。
他知った顔がちらちらあります。

動画を見て、あぁ~~聞いた事があるこの音楽!と思いました。

はちきんイジーさんへ (小父さん)
2017-07-12 17:42:45
>これは ブロードウェイ版もあってベガスに行った時 やってたんですけど

The Four Seasonsというグループ名は何となく耳に残っていますが世界規模で成功したロックおよびポップス・バンドですってね!
この映画2回も観ましたよ!(笑)

>映画もあったんですね

バッキーさんにはリズムは古いかな?
音楽がとてもいいです。
ステップや手の振り付けもいいです。
懐かしさは日本のものを見ての記憶なんでしょうね。

「シェリー」をご存知ですか!
日本版でも大ヒットしたということでしょうね!
reeさんへ (小父さん)
2017-07-12 18:14:45
>キャストの中のスティーヴ、ドラマでマフィアだった人です!!

そのスティーヴってSteve Rankin じゃーないですよね。
   ↓
http://www.imdb.com/name/nm0710292/?ref_=tt_cl_t13

Steven Van Zandtかな?
     ↓
http://ultimateclassicrock.com/files/2013/11/Steven-Van-Zandt-Jim-Dyson.jpg

映画の中では誰なんだろう?(笑)

The Sopranos の Steven Van Zandtは右から2番目ですか?
      ↓
http://www.indiewire.com/wp-content/uploads/2013/12/the-sopranos.jpg?w=680

>動画を見て、あぁ~~聞いた事があるこの音楽!と思いました。

「君の瞳に恋してる」(原題: Can't Take My Eyes Off You)は、
アンディ・ウィリアムス
ローリン・ヒル
ペット・ショップ・ボーイズ
シーナ・イーストン
スプリームス
ミューズ
モートン・ハルケット
パーシー・フェイス
マニック・ストリート・プリーチャーズ
バリー・マニロウ
レターメン
ナンシー・ウィルソン
ダイアナ・ロス
グロリア・ゲイナー
テンプテーションズ
エンゲルベルト・フンパーディンク
イージービーツ

がカバーしているようで、日本で一番ポピュラーな音楽なんでしょうね~。
Unknown (はちきんイジー)
2017-07-13 02:05:30
>
バッキーさんにはリズムは古いかな?


それはないですよ
いい音楽は古いも新しいもなく取り入れます
ただ ミュージカルの映画は苦手で
ステージを好みます。


>日本版でも大ヒットしたということでしょうね!

日本で知ったというより
多くの映画でも使われている事もあるのでしょうね この曲は、、、

はちきんイジーさんへ (小父さん)
2017-07-13 14:16:52
>いい音楽は古いも新しいもなく取り入れます

それは失礼しました。

私は彼らの音楽にはとても懐かしいものを感じましたね。
今、テレビやラジオでほとんど流れて来ないリズムです。
ステップや手の振りなんて、この映画を観ていたら日本のグループはみんな踊りまくるので録音に合わせて口パクやっているんじゃーないかと疑いたくなります。
昔の日本もよく似た振り付けだった気がします。

>ただ ミュージカルの映画は苦手でステージを好みます。

いいですね~。
私はステージをほとんど見聞きしたことがありません。
生バンドは映画やテレビとは全く違うでしょう!

>多くの映画でも使われている事もあるのでしょうね この曲は、、、

名曲ってことですね。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。