のんびり江別暮らし(Rural life of Ebetsu)

北海道江別市郊外で、のんびりゆっくり暮らしています。家庭菜園、ガーデニング、愛犬と散歩、神社巡り、読書などが趣味です。

豊正神社/北海道岩見沢市(Hosei Jinja,Iwamizawa,Hokkaido Japan)

2016年10月17日 | 神社、狛犬(jinja,guardian lions)
豊正神社/北海道岩見沢市(Hosei Jinja,Iwamizawa,Hokkaido Japan)
2016年10月8日(土)、岩見沢市北村豊正にある豊正神社(ほうせいじんじゃ)に参拝。平地にある中くらいの神社。北村豊正保育所から西へ約700Mの所にある。アスファルト道路から、神社前の道路は砂利道。近くには石狩川堤防。左に社号標、草の茂った砂利参道、白い鳥居。境内にはトドマツ、オンコ(イチイ)広葉樹などの巨木の林。参道をゆく。石灯籠1対。鳥居をくぐり、右に石碑が2基。自作農創設記念碑、もう1基は達筆にて読めず。オオハンゴンソウの黄色い花が咲く。参道をゆく。左に水の出る新しい手水石、苔が生えた古い手水石。奥に赤屋根の社殿。
獅子狛犬は社殿前に居た。
阿吽像の配置は正常。ガッチリした逞しい体型。耳は水平、タテガミはウズを巻いて流れ、尾は2段に盛り上がり左右に分かれる。奉納年は、昭和34年4月(1959年)。
ポケモンGO:なし。
------------ネットによると-----------
☆所在地
 〒068-1201 岩見沢市北村豊正849番地
☆祭神
 ・手力男命(たぢからおのみこと)
 ・大国魂神(おおくにたまのかみ)
 ・大那牟遲神(おおなむちのかみ)
 ・少彦名神(すくなひこなのかみ)
☆由緒
 明治31年2月開拓者新潟県人(代表吉川栄蔵)外数多移住し、神社建立を計画し信州戸隠神社の御神霊を受け石狩川沿岸に祠を建て開拓守護の神社として祀る。地名豊正の名を取り豊正神社とす。一方昭和3年日野農場地区の発展に伴い場民一同神社の建立相謀り祠を建て札幌神社の分霊を奉遷し、日野神社と命名祀って居たが、昭和29年両地区住民相寄り議り神社合祀の機運高まり昭和31年9月12日新社殿を建築し同日遷座し、先人がお祀りした豊正神社の祭神を主祭神とし現在に至る。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神:日野神社 大國魂神 昭和3年創祀 昭和31年9月12日合祀
☆地名の由来
 ・岩見沢市:アイヌ語の地名が多い北海道において、岩見沢は数少ない和名の都市だ。明治11年に幌内煤田を開採のため、開拓使は札幌~幌内間の道路を開削に当たり、工事に従事する人たちのため、当市の北部、幾春別川の川辺に休泊所を設け、ここで浴(ゆあみ)して疲れをいやした。当時の人々にとって、この地は唯一の憩いの場所として、「浴澤」(ゆあみさわ)と称するようになり、これが転化して「岩見澤」(いわみざわ)と呼ばれるようになった。
------------------------------------




















































































































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空知地区の神社探し(Search ... | トップ | 大富神社/北海道美唄市(Oto... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む