花鳥風月

生かされて行くもの達の美しさを見つめて,
ありのままの心で生きている日々の、
ふとした驚き、感動、希望、

歴史のなせるわざ?

2017-06-15 22:39:58 | Weblog

むかしのままの世界遺産。

自治体が守り切っているビルのない風景

14歳の少年の将棋

燃える高層ビルは、イギリスからの警告?

外壁の、燃える材料は、使わない建物を!願う。

お金が無いと住めない都会。

マンションは個人住宅だとばかり思っていました。

*************

大変な法律が通過しましたね。

無知だと、自覚しないまま、大きな事に巻き込まれる時代です。

無届マンションの部屋の民宿も、

悪用されると大変なことになりそうですね。

外国は近くなっているオリンピック前ですが、

島国の日本の水際作戦が多くの事を防いできただけに、

病原菌や、衣服に着いたカビや、新種のダニも気になります。

微生物の入国を防ぐ手段はあるのだろうか?

我が家では、漬け置き洗いと、自然乾燥と、

すぐやることで、

免疫低下を補うという、「乾燥作戦」

父の時代、母の時代、今回の法案のような結果、

思想家や、

政治活動で、

多くの冤罪がありました。

過去の歴史は、

繰り返さない事が大切ではないでしょうか?

君も、ニュース聞いて、社会の事を知りながら、

仕事に没頭してね。

世界が狭くなってしまった気がします。

生きてきた73年を振り返り、、、、

戦後の日本の頑張りは、

私自身が今日まで頑張れた日々素直のなれた先生でした。

皆のお母さん、国の母様、

美智子様に、日本は救われたと感じるときが、多くあります。

日本の女性は、美智子様の過ごされた

昭和から、平成への日々を振り返るとき

戦前までは、皇室は孤高の人生を過ごされていると

父母や、マスコミや、先達に聞かされていただけに、

「美智子様ご自身で、お子様を育てられた、多くの写真の報道は

私たちも、愛情あふれる皇室に親しみを感じました。」

国のおかあさまと暮らせた心の豊かさをいただきました、

日本の歴史とともに、まるで地球の緑のように

皇室がともに国民とありました、

世界大戦で、アメリカが、日本を理解してくれていたことが、

日本の、文化が、木端微塵に元素に帰ってしまう事が避けられたと

現在の平和に感謝しています。

陛下と、美智子様のテニスの軽井沢が、

「愛情の時代」に思えます。

戦後の復興時の、目指せ東大、京大、阪大、九大、、、の

受験地獄の時代に

受験とは関係なく、自然体で頑張られている

上流の企業の御嬢さんが

輝くような美しさで

国の王子様と軽井沢で恋をされたのでしたね。

学校では、その話でもちきりでした。

ご実家を出られ皇居に向かわれる美智子様の

清楚で、プレーンで、豪華なものが、追従を許されぬほどの美しさで

戦後の日本に舞い降りた天からの御姫様のようでした。

「美しいーね!」「ため息の出る素晴らしい女性だね!、、、」

父母は、テレビに観い入っていました。

戦後の混乱した時代に、

こんなに美しい、清楚で、理知的で、慈愛に満ちた女性が

日本のどこかで、高山植物の花のように

育っていらしたのね~~~~!

母は手放しで、テレビに吸い込まれていました。

良い時代に、私は生まれ、

ファションも、御ふるまいも、自然体の中の洗練された美しさに

プリンセスラインが大好きになった青春時代でした。

このような、天の御使いのような女性が、

「皇太子さまに恋をされ、皇太子さまも、、、恋をされ、国中が

希望に湧き、明るくなりました。」

どこか、孤独にお見受けした皇太子さまも、

美智子様との出会いで、笑顔のグラビアがマスコミで報道され

日本中が高度成長の時代を迎えました。

70歳過ぎても、感謝が、日々感じられます。

畏れ多い事ですが、皇室の事が新聞に報道されましたので

私の日記にも、今日の思いを記しておきます。

陛下は、ご健康の限界まで、

戦後の国民と苦楽を共にされたそばには、

いつも美智子様がいらしたことを、

眩しく、美しく、強くお優しく、しなやかに凛とされている愛情の

、女性の偉大なまでの空気を感じています。

美智子様は、国母でいらっしゃいます。

敗戦の日本に、このような女性が、お育ちになっていたという

日本の不思議が、、、、やっぱり、日本は神の国だと思います。

お二人のお姿が、

日本の日々、国民とともに居てくださいました。

地方紙でも 一面に、何枚も報道されている皇室の記事を、読みました。

陛下が、ご健康を考えられ、退位なさることは、

心から、国民の一人として、感謝で、、、御心のままにと、お祈り申し上げ、

美智子様の、生涯、私たちの国民のお手本になられた事も

お疲れになられた事と、ご健康を相乗りしています。

これは、公開していない、日記ブログなので、

畏れ多い事ですが、

今の自分の心をつづっておきます。

女性皇族の果たされた戦後の日本の外交は、

日本女性の、しなやかで、美しく強く、気品のある事のお手本になりました。

この道新は、保存しておきます。

日本の女性は、これからも、世界一であってほしいと願っています。

おやすみなさい。       ママより

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 答えようがない、、、蚊帳の外。 | トップ | やっと夏が来たらしい?札幌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。