☆オヤジの館☆ (旧 オヤジの晩ごはん)

昭和をこよなく愛する団塊オヤジです。
料理レシピ&趣味娯楽&日々のつぶやきetc!


白幡天神社

2016年10月14日 | 日記・コラム
 御祭神 ~ 武内宿禰(タケノウチノスクネ)、菅原道真公(スガワラノミチザネコウ)
 後神徳 ~ 学問の神、殖産興業の守護、育児の守神、縁結びの神

 「白幡」の名前は836年前の治承4年(1180年)に源頼朝が下総に入った際、当地に源氏の御印である白旗を掲げたことが由来と伝えられています。

 天正12年(1584年)本堂再建の記録が残り、現在の本殿は明治13年に造営されたもの。神殿には勝海舟が明治初めに揮毫した「白幡神社」の社額が飾られています。明治4年に菅原道真を合祀して「天」の字が加わり白幡天神社の名称になりました。
 
 境内の広さはおよそ2,000坪、緑の木々が生い茂り、梅、桜、椿、ツツジ、サツキ、ユリ、萩、彼岸花、サザンカと四季折々に花々が咲き、安らぎの空間を残しています。また、自然と触れ合うことの出来る児童公園(白幡天神公園)があります。

 秋には例大祭が行われ(平成28年は10月15日、16日)、奉納演芸、こども神輿渡御、市川産農産物の販売、奉納生花展などが執り行われます。








鳥居


正門


拝殿


狛犬1


狛犬2


御神木


社務所


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吹割の滝&川場田園プラザ☆日... | トップ | めんつゆで☆なすの煮びたし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL