多摩丘陵から四季便り

オリンパスのEPM2にパナの20mm F1.7のレンズを付けて撮っています。四季の折々の風景・出来事等をお届けします。

ブログを土日休みます

2009-10-30 13:51:21 | Weblog

と言うのも、本日市の国際協会から電話があり、英訳をお願いしたいと。軽く考えて”了解”と返事をしましたが(笑)、受け取ったメールのファイルを見てみると、何と外人向け氏の広報のインフルエンザに関する対策リーフレットでA4で6枚ほど。医療言葉が出てきますので大変。軽はずみでOKして反省しています。(爆笑)これから辞書と首っきりで英訳を開始しますので2-3日ブログはお休みです。(泣)

 

昨日駅前を散歩。ナンキンハゼの葉が綺麗に紅葉していました。

 

 

 

 

野津田公園のバラの写真を今日もアップ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

再びバラ園へ

2009-10-29 09:26:25 | Weblog

昨日は天気がよかったので、かみさんとお握り持参で、自転車で野津田公園のバラ園に行きました。約1時間走り、お寺の近くに。かみさんは行ったことないので、大泉寺に入ってみました。境内の中で見かけた巨木。町田の銘木百選と書いてあります。

 

 

こんな石碑もありました。落ち着いた気持ちになりますね。

 

 

その後20分ほど走ります。公園まで急な坂が続きますので、近くのお寺の傍に自転車を置いて、歩く事にしました。歩いている途中、家内が指差します。その先には綺麗な箒草が。綺麗ですね。

 

 

自宅から自転車&歩き、約1時間半強でバラ園に到着。まずは腹ごしらえ。バラ園内のベンチに腰掛けて、バラを見ながらおにぎりを食べます。最高に美味しいですね。おいしく頂いた後はたっぷり時間を掛けてバラを観賞。いろんなバラが咲いてました。普段見たことがないようなバラが。ドイツ、フランス、イギリス原産のバラが一斉に咲いています。リコーのCX1で撮りました。マクロに強いコンデジですが、本領発揮といったところでしょうか(笑)。お年を召した男性が三脚に高そうなデジイチをつけて真剣に撮影しています。私はブログに掲載するだけですので、あまりポーズを考えず唯カシャカシャやっているだけです。ご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

負け惜しみではありませんが、やはり二人で来た方が楽しいです(苦笑)ああだ、こうだなんていいながら、花を眺めます。天気が良いので花も一段と綺麗ですね。帰りに道端の花屋さんで小さな鉢植え用のビオラを2鉢買って帰りました。

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

台風一過

2009-10-28 09:42:36 | Weblog

昨日は台風一過。晴天で、風もあり、空気が澄んでいます。ベランダから空に向かってパチリ!雲を見ていると、ふうーと、吸い込まれそうな感じになってきます。

 

 

午後付近を歩いてみました。妙に赤っぽい葉っぱを見つけたので、撮ってみました。

 

 

こんな所も通って歩きます。やはり空が青いというのは素敵ですね。

 

 

駅の近くで撮影しました。少しずつ盛りも紅葉を始めています。まだまだ本番とはいえませんが。これからは紅葉の度合いを見るのも楽しみです。

 

 

歩道橋のアーチの形が面白いので、少しアングルを変えてパチリ!青空が素敵ですね。

 

 

1時間ほど歩いて、マンションの階段から山をズームで取ってみました。やはりコンデジの限界を感じますが、それでも空気が澄んでいるのか、山々の形が見れました。

 

 

今日のテレビ番組で面白い事を言ってました。神様は日本に”美しい風景と、美味しい食べ物を与えてくれました。しかしながらいい政治家は与えてくれなかった”。上手い事を言いますね。思わず笑っちゃいました。四季の中で私は秋が一番好きですね。暑くもなく寒くもない。木々の紅葉を眺めながら歩く。最高です。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

天声人語の英訳に挑戦!

2009-10-27 11:42:39 | Weblog

実は2005年頃にも少しやっていたのですが、今回再開する事にしました。ネットで検索し、今回入会。このサークルは朝日新聞の月曜日の天声人語を英訳し、相互の英訳を見せ合う、唯それだけです。特に採点してどうのこうのということはありません。但し自分が英訳を送付するまでは、他人の英訳を見てはいけないと言う決まりがあるだけです。

 

早速英訳に挑戦。天声人語は日本語で読んでもなかなか面白くて、考えさせる所があり、大学入試でよく国語の試験に使われる様です。朝11時ごろから始め、昼食時に一時中断しましたが、午後3時ごろ終了。結果をメールしました。ネットの英語翻訳のサイトはへんてこな訳があり、押入れにしまってあった息子の使っていた辞書を出して使いました。老眼のせいか、時が読みにくい。(笑) しんどくなって、途中で辞めたくなりますが、そこは我慢して何とか続行。最近これほど真面目に何かやった事はないぞ!(爆笑)と思いながら、辞書と首っきりで訳します。やはり継続は力なり。これからも俗気様と思っています。

 

所でミニチュアライズというまるで模型を撮った様な写真に嵌りました。そこで2枚ほどアップします。こんな感じです。面白いでしょ。画像編集ソフトで作ってみました。

 

 

先日駅の近辺を歩いていたら、初老(?)の外国人のご夫婦を発見。こちらから”hallo, good afternoon"と声を掛けますが、どうもアメリカ人ではない様な。話し言葉を聞いていると、ロシア人でした。私も大学(もう40年以上前になりますが)で専攻がロシア語でしたので、ありったけの知っているロシア語で話をしました(笑)。殆ど忘れていて、あまりは梨が長続キしませんでしたが、自分の住んでいる地域にロシア人の人が住んでいるとは驚きでした。言葉が出来ると楽しいですね。これがきっかけで今回英訳のサークルに入りました。まあ深刻に考えず、遊びの延長でやってみます。

 

今日は天気が良いですね。午後はデジカメを持って散歩に出掛けます。

 

 

 

 

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

永林寺へ

2009-10-26 09:17:25 | Weblog

お寺の境内に入ってみますと、非常に広いので驚きました。今まで訪れたお寺の規模とは比較になりません。誰一人いません。独り占めです。静かな佇まいの中、しばし余韻を楽しみます。

 

 

上を見上げると、手入れされた境内の上のほうに三重の塔が見えました。

 

 

本堂の裏を覗いてみると、立ち入り禁止となっていましたが、こんな感じです。非常に綺麗に手入れされています。心が落ち着きますね。

 

 

所でネットで撮った写真をミニチュアライズ(http://tiltshiftmaker.com/)出来るサイトを知りました。撮った写真の背景をボケさせれるのです。コンデジでは難しいのですが、こんな画像になります。画像の上下がぼけて、素敵でしょ(笑)。すごいですね、パソコンでこんな事が出来るとは。驚きです。

 

 

素晴らしい庭園を楽しんだ後、少し上に登っていきます。上の方から下を見ると、こんな光景が広がっていました。

 

 

三重の塔もパチリ!天気がよくないので、今一ですね。(苦笑)

 

 

更に下に向かってもう一枚、ぱちり!

 

木々の中から撮影。なんか素敵ですね。

 

 

後ろの高台に登ってみると、由木城跡でした。この辺りに昔はお城があったようです。木々の紅葉も始まっていました。

 

 

由木城跡から下を覗いてみると、こんな感じでした。心が落ち着きます。

 

 

約1時間ほど滞在しました。このお寺は1500年代に建てられた様です。徳川家康もこのお寺を訪れたとかで、山門の扉に葵の紋が刻まれていました。自宅から15分くらい自転車で走った所にこんな広大なお寺があったとは本当に驚きです。来月になれば、更に紅葉も進んで、一団と素晴らしい光景が楽しめれるかもしれません。時下はかみさんと来てみようと思っています。この日はかみさんは友達と映画に出掛けたので、一人で出掛けました。

 

所で老化防止の為、朝日新聞の天声人語の英訳サークル(ネットなんですが)に入りました。どうなるか疑問ですが(笑)、やらないよりはまし、という考えで牛歩の歩みでがんばってみます。

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

自転車散歩

2009-10-25 10:29:29 | Weblog

今日は雨が降って寒いですね。一昨日自転車で付近を走りました。この所自転車で遠出でしていますので、脚休めの為、近場の散策に留めました。自宅から15分走った所に丘があるので上ってみます。こんなのを発見しました。納屋でしょうか。

 

 

裏道を上がって行きます。こんな所なんですが。顔に蜘蛛の巣がかかり、うっとおしい。(苦笑)。途中で道がなくなっていたので、それ以上先に進む事は断念し、来た道を戻ります。

 

 

途中で栗を発見。傍にも栗が落ちています。どうせ虫喰いだろうと、殻をむいてみると、虫食いではありません。齧ってみると少し甘い。団栗のような渋みはありません。

 

 

少し歩いた所でコスモスを発見。例によってマクロ撮影。バックが呆けて、なかなかグーです。

 

 

井戸水汲み上げ用のポンプを発見。子供の頃はこれで水を汲んで朝、顔を洗った記憶がありますね。

 

 

その後付近を走り、小学校の前を通過。なにやら寺がある様子で、そちらに行ってみます。到着してみると、大きな山門が。古くて立派ですね。両側に木彫りの金剛力士像がありましたが、暗くて上手く撮影できませんでした。

 

 

中を覗くと16体の羅漢の石造が。羅漢とは阿羅漢の略称で仏教世界での聖人を意味するようです。羅漢の事は話に聞いていましたが、その意味は今回知りました。

 

 

その後進んでいくと、驚いた事に広大な敷地の中に立派な建物があちこちに。今まで町田で尋ねたお寺の規模と大違い。城跡まであるようです。園辺りは写真を沢山撮ったので明日アップします。自宅から自転車で15分くらいの所にこんな大きなお寺があるとは知りませんでした(笑)。帰ってネットで調べたら、八王子市でも有数のお寺とかでこれまたビックリ。”これより先は御仏の住まれる世界、静かにお参りしましょう”との看板がありました。お寺に入ると妙に心が落ち着くのはほんとに不思議です。

コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

萬松寺谷戸を歩く

2009-10-24 11:08:47 | Weblog

谷戸とは谷にまった所に広がる里山の風景を言うらしく、典型的なのが宮崎監督の”となりのトトロ”の舞台となった場所の様です。私は関西生まれですが、谷戸とはあまり聞いた事がなかったのですが。

 

このお寺の周囲にも谷戸が拡がっています。稲刈りも終了したみたいですね。あぜ道を歩いて谷戸に入ります。

 

 

こんな路をあるいて上がります。午後3時頃を過ぎていましたので、ひんやりしています。しかも誰一人いませんから。ちと不安ですが、なにせ自転車で1時間半掛けて着ましたので、先に進みます。

 

 

更に鬱蒼とした場所を蜘蛛の巣を搔き分け上の路に上がり、進んでいくと。なにやら看板が。覗いてみると、小野城跡と書いています。こんな所に昔は城があったんだとちょっと感心します。(笑) 

 

 

さらにとぼとぼと歩いていくと、なにやら看板が”小町井戸”? 読んでみると、小野小町がこの辺りの井戸で傷を癒したとか。ほんとかいなって感じです。(笑)

 

 

更に山道を進みます。木漏れ日が差しています。

 

 

更に進んでいくとだんだん路が細くなって、少し薄暗い。このまま咲きに進むか悩みましたが、最近は日の暮れも早いので、今日はここまで!(笑)

 

 

元来た路を引返し、萬松寺の近くに到着。

 

 

近くで引っ付き虫(子供の頃そう読んでました)を発見。よく友達の背中めがけて投げて遊んだ記憶があります。

 

 

蝶もヒラヒラ舞ってます。つがいですね。

 

 

コスモスが夕暮れにマッチングしています。

 

 

帰りの道の土手でツリガネニンジンを発見。もうそろそろ終わりでしょうか?野の花を眺めるのは楽しいですね。

 

 

自宅→野津田公園のバラ園→小島資料館→小野神社→萬松寺→萬松寺谷戸→自宅で5時間半の小旅行になってしまいました(笑)。途中急な坂を上ったり、降りたり。結構きつかったのですが、楽しかったのか、脳からのしんどいぞと言った指令は来なかったようです。夜もぐっすり眠れました。

 

所で昨日テレビで南田洋子さんの事を放映していました。私の若い頃のアイドル。綺麗で優雅で。あんな素敵な方でも老いは来る。ちょっと考えてしまいました。少しでも長く健康でいたい、ありたい。そう思いました。そのときになったらどう対処すれば良いのか、自問自答しましたね。(苦笑)

 

 

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

萬松寺へ

2009-10-23 09:12:23 | Weblog

バラ園を後にして、公園内にある村野家を訪問。明治初期の民家を保存していました。左下の赤いポスト。最近見ることはないですね。

 

 

野津田公園を後にして、次の目的地に向かいます。急な坂をえっちらおっちら走ります。15分ほどで到着。小島資料館。閉館していました。(苦笑) 近藤勇、沖田総司に関する遺品が展示されているそうです。門が開いていたので中に入ると、こんな立派な庭園でした。しばし観賞します。

 

 

外に出て、土塀ならぬ板塀をパチリ!私の子供の頃はこんな家を見たことがありますが、今では見れません。時代がタイムスリップしたような感じになりました。

 

 

次の目的地の小野の神社へ。自転車で5分ほどで到着。

 

 

境内に入り中を散策。神社なのに釣鐘が。誰もいないのをいい事に、鐘をつかせていただきました。(笑) ゴーンと心に響く音が出て、神妙な気持ちになります。煩悩を懺悔します。神主さんがいたら、大目玉をくらう所でした。

 

 

そこから10分くらいで、本日の目的地萬松寺に到着。静かな佇まい。誰もいません。

 

 

境内の奥から本殿をパチリ!

 

 

境内の中に咲いていたホトトギス。綺麗でした。静かな雰囲気でとても心が落ち着き、平常心になれます。私も含め殆どの日本人は無宗教家になっているのでしょう。昔は仏さんを大事にしましたね。今は物質文明が先行し、精神文明が後退しているような感じが。楽しい事ばかりを追求し、他人を敬う・礼節を保つ、そういったことが軽んじられているのでは。誰かさんが”友愛”なんて事を軽々しく言ってますね。 お寺に来るとそういったことも考えてしまいます。歳ですね!(爆笑)

 

 

お寺の周囲はこんな感じです。本当に里の秋の情景です。

 

 

少し歩くと、ハスが植わってました。

 

 

この辺りは萬松寺谷戸といいまして、素晴らしい里山が展開します。園辺りの事は明日アップいたします。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

野津田公園のバラ園へ

2009-10-22 09:54:38 | Weblog

昨日自転車で野津田公園に行ってきました。ここは自転車で自宅より1時間半程。しかも坂が急で大変でした。電動自転車ですが、押して坂を上がります。(苦笑) 自宅を少し出た所で見つけた葉っぱ。赤く変色して、綺麗ですね。葉っぱも寒いと感じているのでしょうか?

 

 

こちらも途中で見かけた、コスモス。今日はマクロ撮影を楽しむと言う事で意気込んでいます。コンデジですが(CX1)、マクロに比較的強いので、楽しみです。デジカメ音痴の私でも背景がぼけて、なかなかいけてます。(笑) コンデジも馬鹿にしてはいけませんね。

 

 

はあはあ、言いながらやっと公園の入り口に到着。小野路一里塚の表示を発見。その昔ここが大山道に通じていたようです。

 

 

傍に小野路屋敷という日本建築の家があったので、庭園を見学。立派ですね。

 

 

こんな感じで、最近ではなかなか見れなくなってきました。

 

 

その隣にお目当てのバラ園がありますので、自転車で移動。沢山の人が見学していました。広い庭園に一杯のバラが。素晴らしい!嬉しくなって、撮影開始。こんな色のバラを見るのは初めてです。しかもここは入園料無料。これがいいですねー。ボランティアの方がお世話をしてくれているようです。

 

 

白のバラも綺麗ですね。

 

 

こちらのバラも素敵。今日のbest shot!かも。(笑)

 

 

この種類のバラを見るのは初めてですが、とても綺麗。

 

 

こちらはピンク色でした。青空に向けて撮影してみました。

 

 

こちらも個人的には気に入っています。今日は被写体が良いのか、カメラも私の言う事をよく聞いてくれるようです。

 

 

家を出発する前にネットで、地図と公園の案内図を引き出し読んでいました。来てみてビックリ。こんなに立派だとは。来週はかみさんと来ようと思ってます。問題はかみさんは電動自転車ではないので、長くて急な坂道をどう克服するか、思案のしどころです。(笑) それでも来る価値はありますね。

 

ここで1時間ほど滞在し、バラ観賞を堪能。その後地図を頼りに小野神社に向かいますが、その模様は明日アップ致します。今まで自転車で自分が住んでいるところを抜け出し、遠征する事はなかったのですが、これもブログを通じて知り合った人のお陰です。感謝しています。

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

梅木窪分園に行く

2009-10-21 09:21:46 | Weblog

先日、小山田緑地の分園に出掛けてきました。本園は大きな広場を含めた公園といった感じ。分園には里山の風景が展開しています。自転車を公園の入り口において、分園にGO! こんな道を進んでいきます。

 

 

20分程歩いて行くと、つり橋がありました。下は鬱蒼とした森の感じです。

 

 

つり橋の周囲を見てみると、こんな感じで木漏れ日が。歩いていても、ほんとに気持ちが良いですね。

 

 

更に30分ほどの道を進んでいくと、こんな池がありました。アサザ池という所です。子供たちがザリガニを取っていました。

 

 

更に億へ奥へと進んでいくと、こんな素敵な場所に遭遇。

 

 

進んでいった先には、ゴルフ場が。そうなんです。この辺りはゴルフ場に挟まれた場所です。ゴルフをやりたくなってきました(笑)。グリーンがとても綺麗です。

 

 

ゴルフ場を横切って進んでいくと、こんな風景が。この辺りは私有地のようですね。稲の刈り入れも終わったようです。

 

 

更に進んでいくと、里山の光景が広がっていました。山の木々も紅葉を開始しているようでした。

 

 

自宅から自転車で1時間くらいで、このような場所があります。都会生活に慣れてしまった私には、何となく嬉しいですね。又時間を置いて、再訪してみたいと思います。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加