多摩丘陵から四季便り

オリンパスのEPM2にパナの20mm F1.7のレンズを付けて撮っています。四季の折々の風景・出来事等をお届けします。

昭和は遠くなりにけり!

2007-02-28 12:30:29 | Weblog

今日朝のテレビで島田陽一というコメディアンの人のおばあさんの事を放映していました。かばいばあちゃんとか言ってました。昭和30年代の話です。今と違って貧しいが、皆仲良く生きていた時代の頃の話です。

 

テレビや個室なんて家にありませんから、寝る、食う、団欒がすべて同じ場所。今の様に食事が終わったらみんなバラバラと言う事はありません。

金がないから笑うしかない。ばあちゃんが言ったそうです。”暗い話は夜にするな。昼間にしたらなんでもない”。”自分お家は代々貧乏だから貧乏なんてどうって事ない。”などと。

 

あまり豊かではなかったが、皆が仲良く助け合って生きていた様です。今は物が豊かになりましたが、日本人の心の中に何か抜けているとこの人も語っていました。金欲、物欲に走りすぎていますね。

 

そういえばフィリピンでは貧しいが笑顔が多いい。多分生活が苦しいから笑うしかないのか。日本では30年ほど前にあったような様な画面に筋が入って見えないテレビを多くの人がじっと見ていました。何か30年前の日本を思い出しましたね。子供も裸足で走り回ってました。

金がないと生活が苦しい。金が出来ても何か心が満たされない。うまくいきませんね。

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

春日

2007-02-27 15:33:21 | Weblog

今日も暖かいですね。2月という季節を感じさせません。空を見上げると飛行機雲が!なんて事はありませんが、写真に撮ってみました。

私はマンションの管理組合の書記をやっています。任期がこの3月で切れますが、先日の打ち合わせの議事録をパソコンで作っています。便利ですね。

持ち回りで担当を決めてやっていますが、マンションの管理組合の役員をやると今まで以上に、イロイロな問題が見えてきます。これはいい事ですね。

今日は目の保養をやっています。上の写真はドイツの鉱物店で買った紫水晶の結晶です。 これの綺麗なものはアメジストとして売られています。こんな結晶体が出来るから不思議ですね。石英が何千度もの高温で熱せられるとこうなるらしいです。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Shopping

2007-02-26 14:41:52 | Weblog

今日は天気がいいので家内と駅前に出掛けました。保育園のグランドを覗いたら暖かいせいか、園児たちが外に出ていました。

平日なので駅前までの一本道も人がまばらです。空は青空が綺麗ですね。風は冷たいがポカポカ日和です。

桃色の梅が満開です。やはり今年は暖かいのでしょう。早く咲いていますね。

駅前のFlower Shopを覗きました。綺麗でしたね。

帰り道の三叉路を写真で撮ってみました。綺麗ですね。今日は天気がいいので、気分までさわやかになりました。万歩計で計ったら役5000歩程歩いてました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

意外な収穫

2007-02-25 12:41:35 | Weblog

今回の仕事は駄目でしたが、意外な収穫を感じました。アメリカ人の口頭面接を30分やりましたが、予想外に澱みなく英語で話が出来ました。びっくりしました。私は普段yahoo messengerでフィリピンの女性とメールや、チャットをやっています。これが良かったのかも知れません。

 

私はお金を払って英語を勉強する事に疑問を持っているというか、年金者ですから、只で英会話勉強をするにはどうするかという点でこの結論に達しました。英語で話をするわけで、どう話を構築するか、英語でどう表現するか、結構頭を使います。これがいいのかも知れません。

 

遊びもかねて、アジアで唯一の英語圏であるフィリピンに年2回、英会話留学と称して出掛けます。これが好いんでしょうか。フィリピンは危ない国だと言われていますが、情報を収集し、リスク管理を徹底すれば、こんなに楽しい国はないと思うのですが。

 

ということで今回の面接で気を良くしました。フルタイムで働くと長期間の休みも取れないので、今回の仕事は×で良かったのかも。思い道りには行かないものですね。

もう次の旅行の事で一杯です。楽しい事だけ考えるこれが健康の秘訣でしょうか。フィリピンの写真を少しアップしました。

コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

後半に続く!

2007-02-23 10:46:25 | Weblog

今日は雨模様です。ちとうっとおしいですね。でも例年に比べればずいぶんと暖かい気がします。

本日人材会社から連絡がありました。実績は十分だが、フルタイムで働けないとの事で、今回の仕事はパーです。つまり駄目と言う事です。需要と供給のバランスが合致しなかった訳です。残念ですが仕方ありません。

なかなか私の様な歳になると年金を受け取りながら仕事をすると言うのは難しい様ですね。もっとも会社にしても若くてフルタイムで働ける人の方が好いでしょうから、妙に納得しました。

果報は寝て待てと言いますから、次回人材会社から連絡あるまで待つ事にしました。

 

 

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

里山歩き

2007-02-22 13:15:48 | Weblog

昨日は天気もよく、パンの安売りデーだったので家内とパンを買いに行ったついでに里山を歩いてきました。

昨日は天気も良くてあったかで気持ちが良かったですね。平日ということで人はほとんどいません。

こちどりが飛んでいました。足が細くて動きが早いのでなかなか写真が旨く撮れません。

池ではアヒルが泳いでいました。

紅白の梅も満開でした。近くで定年おじさんでしょうか大きなカメラでじっと待っていました。きっと鳥の写真を撮ろうとしているのでしょうが、なかなか主人公が現れません。バードワッチングもいいですね。次回は双眼鏡持参でお出かけですね。

 

こんな山道を歩きました。後ろから写真を撮られましたね。でも気持ちがいいですね。東京の少し外れに住んでいますが、家から15分歩いたらこんな感じです。毎日歩いても飽きませんね。家に帰って万歩計を観たら9000歩近く歩いてました。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

面接

2007-02-21 14:02:50 | Weblog

昨日面接に行ってまいりました。今回面接した会社はアメリカとの合弁の会社で今後アメリカのシェアの比率が高くなるとの事で、翻訳・通訳の仕事の様です。

アメリカ人の人が面接に立会い役30分自己紹介を中心に話し合いました。結果は折ってのお楽しみ(?)の様ですが、仕事の内容がはなりハードです。

しかも私は年金を貰っているのでフルタイムで働くと貰っている年金の額が減るのでちと困りものです。日本はシニアには住みにくい国です。年金も元は言えばサラリーマン時代に納めた金を今貰っているわけですが、税金が掛かったり年々貰う額が減ります。その上フルで働くと減額される。こんな国がほかにあるのでしょうか?グッチっても仕方ないですね。

それとフルタイムで働くと予定している次回のフィリピン旅行も難しくなります。仕事か遊びか?究極の選択ですね。とはいえ相手が要らないと言えばそれで終わりです。今は結果待ちです。

我ながらよく英語の話で30分ももったなと感心しています。面接が終わったら興奮していたのか、顔が赤く、喉がカラカラでした(笑)

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

Walking in a warm day

2007-02-20 12:11:46 | Weblog

昨日は普段自転車で行くところを歩いてみました。駅前の公民館で納税申告の受付をやってましたので、申告書を提出しました。白い梅が咲いてました。今年の冬は本当に暖かかったですが、これで大丈夫なのでしょうかね。

少し歩くと紅白の梅が咲いてましたので写真に撮りました。紅白のコントラストがいいですねー。

その後駅の反対側の坂を降りていきました。公園には誰もいませんでしたが、小鳥がさえずっていました。可愛い音色をたてています。

春はもう少しと言ったところでしょうか。フィリピン・フィーバーからやっと目が覚めました。(笑)。今日は会社の面接に行ってきます。もう歳なのでこれが最後のチャンスかと思います。どうなることやら。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

フィリピン紀行最終章(神々と生きる)

2007-02-19 15:21:38 | Weblog

今回の旅日記にお付き合い頂き、深く深謝いたします。最後に今回の旅で感じたのは日本人と違って、フィリピンの人々は深くキリスト教を信じ、イエス様と共にあると感じました。イエスとは英語で”はい、そうです”という肯定の意味ですね。今思いました、現世の有りのままを受け入れるる事なのかと。下の写真は幼き日のイエス様でサントニーニョというらしいのですが、この像の前でたくさんの人がお祈りをしていました。

街の中にしたの下の様なモニュメントがありました。これも何かキリスト教を思わせますね。市民生活の中にキリスト教が深く浸透しています。

下の写真は、ボホール島で撮りました。マゼランはセブ島で死にました。スペインのレガスピという人が船団と共にフィリピンにやってきて攻めたそうで、やむなくフィリピンは降伏。これは当時の降伏の様子を描いたBlood Compact(血の同盟)という像です。

下の写真はボホール島で川くだりした時に撮ったギターを弾くおじさんたちです。1日いくら稼げるのかちと考えちゃいました。

裏側から見たマニラ大聖堂です。なんだかごちゃごちゃしてますね。いかにもフィリピンらしくてすきですね。

こんな風に私の旅は終わりました。未知の世界に入り、楽しくも、いろいろ考えさせられたたびです。ヨーロッパなどに行ったら表面的な旅で終わっていたと思います。今回は現地の人との交流も阿智、同じ目線で話し合えた、嬉しい旅でした。おしまいです。

コメント (5)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フィリピン紀行番外編

2007-02-18 12:52:45 | Weblog

今回フィリピンで教会巡りをしました。マニラ、セブ、ボホールと3箇所で。合計4箇所の教会を訪ねました。いぜれも400年ほど前に立てられ、中に入ると緊張します。厳粛な気持ちになって、そこは異次元の世界です。私は仏教徒ですが、敬虔な気持ちになります。こんな感じです。

日本では教会に入るチャンスがないので、このときばかりは興奮しちゃいました。とにかくすごい。クリスチャンでもないのに勝手にお願いしました。(爆笑)。きっとイエス様も苦笑しているでしょう。

セブの教会には日本人のおばちゃまも観光で来てました。話はしませんでしたが。実物はもっとすごいんですが。とにかくキリスト教の存在はここフィリピンでもすごいです。日本人は最近ちょっと無宗教的になって、自己をコントロールできない局面があるのかも。てなことをちと海外で考えてしまいました。そういった意味では大変意義のある旅行でした。

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加