私の闇の奥

藤永茂訳コンラッド著『闇の奥』の解説から始まりました

バナ・アベド、シリアのアンネ・フランク?

2017-06-30 21:55:14 | 日記・エッセイ・コラム
 今8歳のシリアの少女バナ・アベドについては、桜井元さんが寄稿してくださった記事『シリアと北朝鮮-ウソから始まる戦争、ウソが煽る戦争-(1)』(2017年4月16日)で厳しい批判がなされています:

**********
一躍、世界中の注目の的となったツイッターの少女、バナ・アベド。反政府側支配地域の住民として、ツイッターを使って英語でメッセージを発信したというのですが、以下の映像には彼女の英語というものがいかなるものかが露見しています。「(亡命先トルコの)イスタンブールの食事は好きですか。何が好きですか」という質問をされると、「Save the children of Syria.(シリアの子供たちを救って)」という刷り込まれたセリフを返したのです。彼女は、自分の意思や感情を世界に発信していたのではなく、あたかも森友学園の園児たちが「安保法制国会通過よかったです」と言わされているように、大人たちのプロパガンダにうまく利用されただけでしょう。

https://twitter.com/walid970721/status/827528526165372928

今回の米国のシリア攻撃をうけて、彼女はまたもやプロパガンダに利用されました。「ドナルド・トランプさん、大歓迎」というメッセージの送り主として。

https://twitter.com/ShoebridgeC/status/850616309251547136

こういう類のウソ(戦争プロパガンダ)が、マスコミをとおしていまだに「事実」として流され続けています。先日のNHKスペシャル「シリア 絶望の空の下で-閉ざされた街 最後の病院-」もそうでした。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170319

・・・・・・・・・・

NHKは、「クドゥス病院」、「ホワイト・ヘルメット」、「バナ・アベド」などのウソをてんこ盛りにして、一つの特集番組を作り上げました。取材リサーチャー2人、取材コーディネーター1人の名前(いずれも外国人)が最後に出ましたが、おそらく反政府側の人間がすべてをお膳立てしたのでしょう。反政府側が提供した映像をつなぎ合わせ、トルコに亡命した病院関係者(正体不明)やバナ・アベド親子にスタッフが取材した映像を付け足し、あとはアレッポ包囲戦のCG画像でそれらしく仕上げたという代物です。ジャーナリズムに必要な、対立する双方の中に入り、「取材(証拠の収集)」と「検証(証拠の照らし合わせ)」を積み重ねるという作業がなされたものではなく、以前にご紹介した「アムネスティ・インターナショナル」の「人間屠殺場」報告書と同質のものと言えます。アムネスティも、対立する一方の主張に基づく粗雑な推論で報告書を構成し、確かな「証拠」や綿密な「検証」の欠如を、精巧な「CG映像」などを作成してごまかす、という同じようなことをしていました。(桜井元氏寄稿)
**********
 
 数日前のNHKのニュースウォッチ9でも、アメリカの雑誌「タイム」が「インターネット上で最も影響力のある25人」を発表し、この8歳の少女がその1人に選ばれたとして大々的に報道していました。この少女はトルコのエルドアン大統領と面会して、その腕の中に収まり、トランプ大統領に直筆の手紙を送って、「あなたはシリアの子どもたちのため何か行動を起こすべきだと思います」と催促し、アサドとプーチンにはシリア市民爆撃の暴虐を叱る言葉を発したそうです。この少女を直接演出しているのは英語教師である彼女の母親の世俗的な欲望でしょうが、私はこの母子を背後から操る者たちを憎みます。
 さる4月4日の朝、反アサド勢力の支配地区から「アサド政府空軍機が化学兵器による爆撃を行い、市民が殺傷された」という報道がインターネット上に現れ、そのビデオは、幼児を含む主に子供達数十人の犠牲者たちの惨状を示すものでした。翌4月5日のフランス紙「リベラシオン」は、アサド大統領の殺人行為として犠牲者たちの写真のコラージュをその第一面に飾りました。そして、二日後の4月7日の早朝、地中海に停泊していた米国軍艦から発射された59発のトマホーク誘導ミサイルがシリア軍のシャイラット空軍基地に打ち込まれました。化学兵器による爆撃を行ったシリア空軍機がこの基地から進発したと言うのです。これは米国軍が公然とシリア軍を直接攻撃した最初の事例です。続いて、6月18日午後7時、ラッカの西部で米国空軍機がシリア空軍機を撃墜しました。「シリア機が米軍支援下の地上部隊を攻撃した」というのがその言い訳でしたが、シリア軍側は、シリア機はIS軍を攻撃していたと反論しています。さらに、6月26日、ホワイトハウスは同じシャイラット空軍基地でアサド空軍機が再び化学兵器による爆撃を計画している兆候があるとして、「もし実行すれば、アサド軍は甚大な代価を払うことになるだろう」と脅しをかけました。これは狂ったトランプ政権の米軍直接介入の脅しに他なりません。「バナ・アベド」の声は、この狂気の脅迫の一部として理解されなければなりません。
 アンネ・フランクは自分の日記の出版を考えていましたが果たせず、フランク一家でただ一人生き残った父親が出版にこぎつけました。遺稿には父や他の編集者による削除や修正が加えられましたが、作家志望で聡明多感な文学少女アンネ・フランクの筆致は、6歳の年齢差を考慮に入れても、バナ・アベドの宣伝用文章とは比較になりません。日記の最終の日付は1944年8月1日ですが、その2週間前の7月15日に、アンネは次のように書きつけています:
「じっさい自分でも不思議なのは、わたしがいまだに理想のすべてを捨て去ってはいないという事実です。(中略)いまでも信じているからです。———たとえいやなことばかりでも、人間の本性はやっぱり善なのだということを。」


藤永茂(2017年6月30日)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ISの最後の謎が解けた(2) | トップ | ロジャバ革命を世界の革命に »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
嘘で固めた砂上の楼閣 (グッキー)
2017-07-01 23:09:12
嘘で固めた砂上の楼閣、骨格は9,11偽旗作戦と不正選挙でしょう。この二つが崩れれば砂上の楼閣は崩壊して行くでしょう。
何故なら嘘で固めた者たちの居場所が無く成るからです。

この二つが崩れない限り他の嘘を暴いても砂上の楼閣は崩れないでしょう。
何故なら嘘で固めた者たちが安泰だからです。

生命原理は愛と善の方向に向かいます。で無ければ我々は今、ここに居ないでしょう。
悪の方向に向かって居れば、今、我々は存在して居ないでしょう。

嘘で固めた砂上の楼閣、悪の方向です。
これが崩壊しなければ人類は滅びの方向に向かうのでしょう。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。