私の闇の奥

藤永茂訳コンラッド著『闇の奥』の解説から始まりました

IS(Daesh)はやはり守られている

2017-08-28 21:46:27 | 日記・エッセイ・コラム
 ISというテロ集団が米国によって操作されていることは確かですが、一般の大多数の人々がそのことを信じないように全世界的な言論操作がなされています。しかし、よく注意していれば、その操作の水漏れ箇所を見つけることができます。今日は、その例を二つだけ挙げます。
 一つは、ウエブサイトYouTubeが、8月23日、ロジャバ革命の人民防衛組織であるYPGのアカウントを一方的に閉鎖したのに、ISのアカウントはそのままで、彼らが世界に流したいビデオを、今まで通り、YouTubeにアップ出来るままになっている、という厳然たる事実です。

https://anfenglish.com/features/youtube-closes-ypg-account-21701

もう一つは、私が信頼するAlexandra ValienteのSyria 360に出た報道記事です。それによると、シリアの各地の戦場で、米軍は、ヘリコプターを使って、IS軍の幹部やその家族を安全な場所、あるいは、作戦計画に従って別の場所に移動させているというのです。

https://syria360.wordpress.com/2017/08/26/us-continues-heliborne-operations-to-evacuate-isil-terrorists-from-eastern-syria/

ISが本質的には宗教集団ではないということは以前にも断定の記事を書きましたが、しかし、実際にテロの実行犯としてシリアやイラクの戦場や世界各地で殺されて行く若者たちの中には、金のためではなく、宗教的信仰の故に(宗教的に洗脳された結果)テロ行為に身を投じている人も多数いると思われます。彼らも巨大なテロの犠牲者なのです。こんな酷い話は断じて許されるべきではありません。これらの実行犯が犯す残虐行為をはるかに超える残忍さです。そのことを思うと、まさに、怒り心頭に発します。

藤永茂(2017年8月28日)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Alexandra Valiente (Libya 3... | トップ |   
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イスラム原理主義台頭の背景 (Hitoshi Yokoo)
2017-08-30 01:25:27
イスラム原理主義台頭の背景を考えると、複雑な気持ちになる。
例えば、チェチェンやウイグルの問題に分け入れば、別の位相に立たざる得ないと思われる。
チェチェン紛争は長きに渡り、未だに解決したとは言えない。イスラム主義を基盤とする独立派は、エリツェン、プーチンのロシア政権により、徹底弾圧を受けた。首都を始め多くの街は廃墟と化し、膨大な人々が虐殺された。私には、彼ら独立派がサウジなどから資金援助を受け、アルカイダなどの原理主義に接近していったのも、無理からぬことのように思われる。
中国のウイグル人も政権側から半世紀近い弾圧と差別を被ってきた。ウイグル自治区に漢民族を大量に入植させ、更に、様々な場面でウイグルの民族的伝統を消し去ろうという狡猾な政策は、ウイグル人の民族的危機意識を招来する結果に至った。ウイグル人がイスラムを基盤とする自己のアイデンティティーを保守する方向へと向かうのは、極めて当然なことであった。
ロシアや中国の国内レベルで見れば、国家権力によるイスラム系民族への差別と弾圧が、彼らを戦闘的原理主義へと追いやったといえる。そして、この問題はいまだ解決されてない。チェチェンを含む北コーカサスから中央アジア、そしてウイグルのイスラム 圏は、戦闘的イスラム原理主義の供給地になっている。ロシアや中国の政権による、イスラム系民族に対する長年に渡る差別弾圧政策が、このような結果を招いたのである。
アルカイダやISISがシオニストネオコン派に操られる謀略的傭兵集団である可能性は高いと思う。シオニストネオコン派が、ロシアや中国の内部矛盾を利用して国際的謀略集団を更に強化したようにも思える。しかし、イスラム原理主義を偽装する傭兵集団は、その供給源を失わない限り存続していくだろう。 シリアで傭兵集団と戦うロシアは、皮肉にも、ロシアによって産み出された敵と戦っている。
自業自得じゃん (近畿の野次馬)
2017-09-10 22:25:55
>チェチェン紛争は長きに渡り、未だに解決したとは言えない。イスラム主義を基盤とする独立派は、エリツェン、プーチンのロシア政権により、徹底弾圧を受けた。
順序が逆ですよそれ。アメリカがソ連時代から破壊工作用にサウジかぶれのムスリム過激派を育てて送り込んでるんですよ。ポール・クレイグ・ロバーツやブレジンスキーがばらしてます。
>中国のウイグル人も政権側から半世紀近い弾圧と差別を被ってきた。ウイグル自治区に漢民族を大量に入植させ、更に、様々な場面でウイグルの民族的伝統を消し去ろうという狡猾な政策は、ウイグル人の民族的危機意識を招来する結果に至った。
これもソース不明なんですが・・・
別のところで複雑な気持ちに (あやこ)
2017-09-12 23:51:35
このブログの読者には、国際情勢に関心がある方や、詳しい方も多いのだろう、と感じますが、「自業自得」なんて、侮蔑的なコメントタイトルを見て、びっくり、がっかり、ひどく違和感を感じてなりません。どれだけ分かっていて、このような他者の苦しみに冷たいコメントを出すのでしょうか。「チェチェン問題」「ウィグル問題」で検索すれば、Yokoo氏のコメント内容について、より詳細に調べられる記事を簡単に見つけられるのに。昨今、ネット上では、ブログ内容への関心というよりも、憂さ晴らしの為なのか、心無いコメントをする人も増えていると思います。「見て見ぬふり」というのも大人の態度と判るのですが、Yokoo氏のコメントを読んだ時に、同感だったことと、藤永先生の「信仰の故に(←洗脳された結果)テロの行為に身を投じている若者達も犠牲者である」ということにも、私もやるせない怒り(←大国への)と、巻き込まれた若者への同情の気持ちがあるので、一言言いたくなりました。
世界の各地で個々の民族文化が破壊されていく中で、無辜の人々が凄惨な暴力に晒されて、例えようのない苦しみの渦中に置き去りにされているのに、「遠いから知らん」と、無慈悲な気持ちしか持てない日本人が増えているとしたら、もし日本に惨禍が起きた時、私達は隣人と力を合わせて乗り越えることなど、より困難になるだろうと思う。
少数民族の自立について (Hitoshi Yokoo)
2017-09-15 19:01:57
このブログに触発され、Google+でクルド人との交流を始めたが、ある時、次のようなコメントをしたことがある。

「バルザニ率いるクルディスタン民主党(KDP)は、シオニストネオコンの傀儡であり、彼らがクルド世界で覇権を握れば、クルド人の真の自立は達成されないだろう」

この私のコメントに対して、相手のクルド人は次のように返答した。

「あなたは、クルドの自立運動を全く理解していない。クルドを操ろうとするのは、シオニストネオコン側の思惑かも知れないが、あなたはクルドを没主体的にただ操られるだけの存在だと見なすのか? もしそうなら、あなたはクルド人を人間として見なしていないことになる。あなたには、クルドの内側から世界を見る視点がない」

何だか、打ちのめされるような返答だった。私は、「もう一度、考え直します」としか言えなかった。私はそれ以来、「傀儡」という言葉を使えなくなってしまった。

イラクのKDPは、当初からシオニスト政権の援助を受けてきた。直接武器を手渡されたこともある……。
シオニスト政権の帰還運動でシオニスト国家に移住したイラクのユダヤ教徒クルド人は、クルド系ユダヤ人になった。20万人のクルド系ユダヤ人は、イラクが分割され、クルド国家が誕生することを待望している。彼らはイラククルドの有力な援軍である……。
シオニストは、長きに渡りアラブから差別と弾圧を被ってきたクルドと連携して、敵対するアラブを挟み撃ちにしようとしている……。
仮にイラクを割ってクルド国家が建国され、アラブをはじめトルコ、イランに対する新興クルドの果てしない戦いが「国家レベル」で始まるとしたら、中東情勢は大転換し、パレスチナ問題は相対化され、シオニズム批判は鳴りを潜め、シオニストはパレスチナ人を追い出し、なお一層の入植地拡大を図るだろう……。

私は、以上のように考えていたし、今でもそう考えている。けれども、中東の覇権を巡る問題と、クルド人にとっての民族自決の問題は次元が違う。クルドにとって、中東の覇権を米国が握るのかロシアが握るのか、あるいはシオニスト国家が握るのかという問題よりも、自己の民族的自立をいかに達成するのかが最優先課題でる。イラクのクルド自治区は、独立を問う国民投票で揺れている。有力な新興野党であるゴラン(変革運動)は、この「イベント」によってバルザニがクルド世界で覇権を握ろうとしていると批判する。シオニスト政権は早々とバルザニ支持を表明(たぶん米国も支持するだろう)している。けれども私は、イラククルドがシオニストネオコンに操られるただの「傀儡」だとは見なせない。イラククルド人の自立を願う長い間の苦闘の歴史が、そのような見方を拒否していると考えるからである。

地理的条件により、大国の周辺に位置する少数民族は、自民族の存亡を賭して、大国に対して何百年もの戦いを強いられてきた例は多い。

宗教は信仰を唯一性にして、人種や民族の差異を超えようと試み、マルクス主義は階級の概念によって、人種、民族、宗教の壁を無化しようと試みた。しかし、自然発生的に形成された人種や民族の差異に基づく人間同士の争いは、宗教やマルクス主義によって未だに克服されてはいない。

大国に隣接する少数民族は、悲劇の歴史を背負っている。チェチェン人は、南下するロシアに飲み込まれることを拒み、何百年も戦ってきた。スターリン時代には、民族の強制移住を強いられ、民族の存亡に関わる多大の犠牲を強いられた。チェチェン人の反ロシア感情は、既に民族の属性と化している。チェチェン紛争では、20万人近い死者(その多くは一般市民)を出したと云われている。たかだか百万人の少数民族にとって、この戦争はロシア側によるジェノサイドであると受け取られても仕方がない。ネオコンが独立派を操ったことは事実であろうが、チェチェン人のロシアからの自立という歴史的悲願こそが、私は重要だと考える。チェチェン紛争は、チェチェン人の記憶のなかに独立運動の悲劇として刻印され、末裔達はこの悲劇に促され、更に深まる自立への希求のもとにロシアに戦いを挑み続けるだろう。
マスコミの罪 (桜井元)
2017-09-15 21:22:12
少し前にマスコミがこう伝えていました。国連の検証チームによる報告書が発表され、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したことが確認されたと。しかし、藤永先生がご紹介くださったクルド革命勢力のサイト「SYRIA360°」には「Echoes of Iraq-WMD Fraud in Syria」という論考が掲載され、そちらは真っ向から当該報告書の内容を否定していました。「Consortiumnews.com」というサイトの「A New Hole in Syria-Sarin Certainty」という論考と合わせて読みますと、国連の調査や報告がいかに政治的で歪曲されたものかが理解できます。

一方、北朝鮮をめぐっては、かつての「暴支膺懲」の「支」を「朝」に置き換えたような政治・マスコミ・世論のひどい状況が進行中です。「Dissident Voice」というサイトに「 The Rationality of Kim Jong-un (and His Nukes)」という論考が出ておりました。朝鮮戦争で自国民の三分の一を殺され、近年ではユーゴ・イラク・リビア・シリアなどに対する欧米の暴挙を見てきた金正恩としては、本気で怯えているのだという見方でした。日本では「北朝鮮が脅威だ」という見方のみですが、まったく逆の見方であり、こちらが真実をとらえていると思います。「圧力」ではなく「対話」、そして「対話」の前提として「相手の怯えを解くこと」が求められています。

ジョン・ピルジャー氏の目 (桜井元)
2017-09-21 00:05:11
トランプ大統領が国連で演説し「北朝鮮の完全破壊」という表現をしたとテレビニュースが伝えました。そしてニュースの声は「米国を中心に国際社会が北朝鮮包囲網をどう構築できるかがカギになります」という趣旨の結び方をしていました。日本の世論は、北朝鮮の核とミサイルが脅威だという政府・マスコミの見方に同調し、この世論を追い風に安倍内閣はまさに党利党略の不意打ち解散に打って出ます。

そうしたなか、真逆の見方を提示しているのがジャーナリストのジョン・ピルジャー氏です。藤永先生が信頼され尊敬されているというあのピルジャー氏です。ロシアのテレビ局とのインタビュー記事「North Korea solution depends on ‘containment of the US’」にはこうありました。「過去の朝鮮半島非核化の合意を台無しにしてきたのは米国の側だ。北朝鮮やロシアや中国が問題なのではなく、米国こそが問題なのだ。冷戦下の米国ではソ連封じ込め論が叫ばれたが、必要なのは昔も今も米国という脅威の封じ込めだ。もしも北朝鮮が核開発をしなければ攻撃されただろう。リビア・イラク・シリア・アフガニスタンに対してなされたことが北朝鮮にも加えられただろう」。

ピルジャー氏の目は、米国の脅威を見据え、さらには、欧米による核兵器の実戦使用という人類への脅威まで見据えています。この見方を私たちは共有しなければと思います。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。